HOME > TOBLOG > アーカイブ > ご報告

TOBLOG ご報告

新パンフ&年次報告書が到着!

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。
さて、学校や塾といえばパンフレットの一つや二つもあるわけで、TOB塾にも入塾までの流れなどが活字でまとめられた三つ折り冊子がございました。


▲ これが長年使用していた三つ折り冊子

さて、いきなり学校や塾を引き合いに出しましたが、塾とは言ってもTOB塾はいわゆる普通の塾とはちょっとちがう塾です。塾生たちも保護者さんも、多かれ少なかれその「ちょっとちがう」ところに魅力や興味を感じてTOB塾の扉を叩いてくれた人ばかり。けれどもこの「ちょっとちがう」感、文字や言葉ではなかなかうまく伝わらないのが実情です。

そ こ で。

そんなTOB塾の魅力(自分たちで言うのもなんですが)がうまく伝わるようなパンフレットを作成いたしました!
一般的な学校や塾と比較しても、対等な選択肢と感じてもらえるようにと、がんばって本格的な作りにしております。
外注は印刷のみで、中身はレイアウト・文章・写真まで全て自社製。文字通りオリジナルなパンフレットに仕上がりました。


▲パンフレットはイラストレーターで作成。塾の特色や、塾にいる人たちの情報がギッシリ詰まってます。(クリックで拡大可)

また、パンフレットとほぼ同時に年次報告書も完成いたしました。年次報告書は、団体の一年間の活動をお伝えする冊子で、これも例年手作りで作成されています。
これからこうした冊子を少しでも多くの人に手にとってもらい、塾のことや活動のことを知ってもらうために、通信高校や行政の相談窓口、クリニックなどに設置のおねがいに回る予定です。



ブログをご覧の方で、パンフレットを見てみたい。という方がおられましたら、インターネットやお電話からの資料請求も承っておりますので、お気軽にどしどしお問合せください。それではまた次の記事でお会いしましょう!

保護者会・講師全体会を開催しました

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。先日の地震では僕の出身の箕面のあたりも一部断水になったとかで。震源以外でも色々あったようですが、皆さんのところは無事でしたでしょうか。

さて、先日6月23日(土)にTOB塾初の試みとなる第1回保護者会が開催されました。今後四半期ごとに年4回開催の予定です。
「塾での子どもの様子が気になる」といった保護者さまの声や、他団体の親の会などの活動を見て、これはうちもやらなくてはと思い立ったわけですが、なにぶん初めてのことなので、まずは保護者さまの意見を仰ごうと事前アンケートをとったり、会のなかでその集計を共有しながら会の方針を定めたりしました。
保護者さまからは会のあり方や、会での活動について沢山の貴重なご意見をいただきました。今回出たご意見を参考に、次回は来てよかったと皆さんに思ってもらえる会にできればなあと思います。

会の後半はフリートーク。初めましての人同士も多かったのですがそこはそれ。家でのことや親子関係などはやはり共通の話題のようで、気づけばなかなかの盛り上がりに。スタッフも一緒に沢山お話させていただきました。
「同じ塾に通っている保護者の人と話せてほっとした」「自分だけじゃないんだなあと安心した」「塾での子どもの様子が聞けてよかった」など色々な声をいただき、会を開催してよかったなあと思いました。今後も来てよかったと言ってもらえる会づくりに励んでいきたいと思います。



また、この日は保護者会終了後、塾講師が集まる月に一度の講師全体会も開催されました。会では塾生の最近の様子や、講師の考えごと、学習の悩みなど色んなことを共有して話しあいます。
この日は2時間半ほどみんなで話し合い、勉強の内容がどうすれば定着するのか、といった勉強の仕方などについて大学生たちの間でも沢山の意見が飛び交っていました。何人寄ればなんとかと言いますが、講師一人の力では行き詰まることも、こういった会を通じてみんなで解決していければ理想的だなあと思いつつ。これからもしっかりと講師一同、しっかりと一歩一歩、塾生と一緒にそれぞれの目標へ歩んでいきます。
保護者さまもどうか温かく見守っていただければと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

それではまた次の記事で!

TOB塾に京都南教室がオープン!

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。本日はビッグなニュースをお伝えいたします!


 
昨年度の後半から少しずつ準備をしてきたTOB塾京都南教室【◀クリックで教室案内が開きます】が、このたびついにオープンしました!
場所は京都の城陽市、近鉄京都線「寺田」駅のほど近く。西宮本校と同じく一軒家を利用した家庭的な雰囲気の教室です。
 
またありがたいことに、今日の京都新聞朝刊に記事を掲載していただきました。オープンに寄せて、教室長となる阪本の思いなどが語られています。記事の内容は後日TOB塾ホームページ内「メディア掲載情報」に転載する予定ですので、よろしければまたアップロード後にご覧ください。


 
TOB塾もみなさまに支えられてはや5年…。まだ見ぬ土地で新たな始まりを迎えようというところまでやってきました。これからも必要とする人へと、必要とされる情報・人・環境をお届けしていくために日々まい進して参りますので、西宮本校ともども、どうか引き続きみなさまの温かい応援のほどをよろしくお願いいたします。
 
それではまた次の記事でお会いしましょう!

あけましておめでとうございます!



新年あけましておめでとうございます。皆さまお元気にお過ごしでしょうか。
昨年中もいろいろな方々に応援をいただき、ありがとうございました!

たくさんの人たちに、TOB塾のことを知ってもらうために何をすればよいのか。
訪れてくれる人たちに、もっと充実した時間を過ごしてもらうためには。
今年も相変わらず「やりたい・やらなきゃ」が山もりの一年になりそうです。

どうか引き続き、皆さまの暖かい応援をいただければ幸いです。
今年も一年、よろしくお願いいたします!


年次報告書が完成しました!

こんにちは。学生ライターの足立です。
連日の秋雨も少し和らぎ、台風も過ぎて寒さが増してきました。
もうそろそろ、冬が来るのかと少し切ない秋ですね。
 
今年も残すところあと二ヶ月。1年というのは早いものです…。
さて、この度はそんな1年の活動が詰まった年次報告書が完成しました!


 
2016年度の活動や事業の紹介など、盛り沢山の内容でお送りするこの年次報告書。
お世話になった方々にはこれから随時、メール・郵送などでお届けいたします!
 
また、郵送やメールでのお届けには、漏れや遅れが生じることもございます。
確実に見たい!という方は、お手数ですがお問い合わせフォームからご連絡ください。
その際は優先して逐次対応・発送させていただきます。

 



これから始まる新事業!
 
そしてこれは年次報告書の中にも少しだけ掲載したフライング情報なのですが…。
現在、2017年度から2018年度へ向けて始動する新規事業の準備を進めています。
 
その名も…TOBIT(トビット)!
 
今までは高認や大学入試へ向けた勉強など、学習支援に偏っていたTOB塾。
就労意欲が高く、学習意欲の低い人に対する有効なアプローチが不足していました。
実はTOBITは、そうした人にこそ利用してほしい、学歴不問の就職・就労支援です。
 
夜回りでたびたび耳にする「仕事はやる気あるけど勉強はちょっと…」という声。
また、塾生の口からもチラホラと聞こえてくる就労への興味、意欲。
そうした声に応えられるサービスを、いつかTOB塾ならではのスタンスで創りたい!
 
かねてより胸中にあったそんな願いが、今ようやく実現に向けて動き出しました。

 



TOB塾の今後をお楽しみに!
 
他にもTOB塾がよりよい場所となるための取り組みが着々と進んでいます。
高卒認定に効率よく合格するための対策テキストも、プロトタイプが一部完成しました。
過去問の分析、加点範囲の抽出、レイアウトや編集、挿入するイラストの作成…。
色んなスタッフたちが自分の強みを活かすことで組み上げていくこのテキスト。
市販テキストを上回るクオリティを目指して、これから最終調整を続けていきます。
 
このようにTOB塾では、授業を含め様々な範囲で、学生・社会人が活躍しています。
今回の年次報告書も、印刷以外は外注一切なし。スタッフたちの協働で作成されました。
色んな人に支えられて進んできた過去、そして未来。その両方が詰まった年次報告書。
是非お手元にお取り寄せいただき、一読していただければ幸いです!
 
まだまだ変化を続ける私たちの活動、どうぞこれからもよろしくお願いいたします!
ではでは!

夜回り研修を行いました!

こんにちは、学生ライターの益永です。いよいよ本格的に夏がやって来ましたね。
毎日うだるような暑さですが、蝉の鳴き声に負けじと塾生も頑張っています。

さて、今回はnew-lookが行っている夜回り事業「ナイトクルージング」に関する話題です。
new-lookでは夜の街にいる若者への実態調査、情報提供のために夜回りを行なっています。
この夜回り、内容が特殊なため手伝っていただける経験者の方が非常に少ないのが現状です。
そこで未経験の方に夜回りの心構えや知識を持ってもらうための定期研修を行っています。

 
夜回り研修ってなにするの?
 ①夜回りの流れ
  持ち物や心構えなどの事前準備、話しかけ方、報告方法などを説明します。
 ②事例紹介
  実際に出会った若者との会話など事例を紹介し、イメージを持ってもらいます。
 ③質疑応答
  夜回りをするにあたっての疑問点、心配事などにお答えします。
今回は外部団体からのご参加が多く、各団体が持つ情報の共有なども行いました。
社会福祉協議会・保健センターなど行政関係の方から、民間団体の方まで幅広くご参加いただきました。
夜回り事業を立ち上げたい、現場が知りたいという声も多く、事例に関する質疑応答も盛り上がります。

それぞれの立場や拠点の違いを超え、たくさんの刺激と交流が生まれた研修になりました。

今回の研修で、官民問わず様々な方と情報共有や協力連携を進めることの大切さを改めて感じた私たち。
そうした協働が活発になれば「夜回り」は
若者たちにとって今より身近なものになるかもしれません。
そんな将来も夢見つつ、色んな方々とどんどんお仕事していければなあ…と思います。


ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします!

暖かいご寄付をいただきました!

こんにちは、学生ライターの益永です。
前々回のエントリー「子育て × 高校中退 という現実」で行ったご寄付の募集。
ありがたいことに、早速ご協力くださる方が現れました!
本日は感謝の念を込め、届いたご寄付と近況についてご報告いたします。





突然の贈り物、その中身は…
 
先日、TOB塾に2つの大きなダンボール箱が届きました。
開けてみると、その中にはなんと───

 
▲大量のおもちゃ!絵本!おもちゃ!絵本…! 

 
育児と勉強の両立を応援するPACサポート(子連れ通塾サービス)。
お母さんの授業中、お子様が楽しく過ごすための絵本やおもちゃは不足していました。
そんな状況でこのようなご寄付があり…感動のあまり開梱後、綺麗に並べて写真をパシャリ。
今回頂いた絵本とおもちゃ。存分に活用させていただきます。ありがとうございます!

 



最近のPACサポートの様子
 
PACはお母さんに勉強を教える「講師スタッフ」とお子様を預かる「保育スタッフ」との2名体制。
去年秋の入塾からずっと、講師スタッフ・保育スタッフともに同じ人員で実施してきました。
 
実はこの保育スタッフ、普段はTOB塾で高認科目など教えているので、講師もできます。
今まではお子様の安心を優先して固定制でしたが、お子様にとって色んな人に触れる機会も大切。
そんなわけで、次回の授業で講師担当と保育担当を一度入れ替えてみることになっていたのです。
 
お母さんが勉強を教わるスタッフと、お子様が一緒に遊ぶスタッフが日頃と逆になるこの試み。
親子とスタッフ双方にとってよい刺激を、とのねらいでしたが、やはり当日まで不安はあります。
そんなタイミングで塾に届いたのが、先ほど紹介した絵本とおもちゃ。

これを活かさない手はない!

 



未知との遭遇?



安全チェックなどの準備も済ませ、心強い新アイテムとともに迎えた担当交代当日──。

いつもと同じの部屋だけれど、なにかが、ちがう。
スタッフが取り出した新しいおもちゃを眺めるお子様のYちゃん。目が、釘付け。
それを見てお母さんも「Yちゃんよかったねぇ~」と声をかけます。
大人の不安とは裏腹に、興味津々な様子で新しいおもちゃを触りはじめるYちゃん。
どうやらご機嫌な模様。内心「よかったぁ~」と笑みがこぼれるスタッフ陣。
 
授業中も講師・保育それぞれにトラブルなく、スムーズに時間が進んでいきます。
Yちゃんは遊びを通じて初めてのスタッフにも慣れ、散歩に出かけることもできました。
おかげでお母さんも授業によく集中でき、一日でうんと勉強範囲を進めることができました。
 
こんな調子で、新しい絵本やおもちゃのパワーもあり、スタッフ交代の試みは大成功!
ご寄付くださった方、本当にありがとうございました!
いただいた絵本とおもちゃは、これからも大切に使わせていただきます。
 


 


PACサポートの存続には、皆様の力が必要です!
 
TOB塾・PACサポートでは、引き続き皆様の温かいご支援を募集しています。

PACサポートは保育と学習を同時提供するため、運営コストが通常の倍かかります。
しかしながらシングルマザーなど経済的困難を抱える方を対象としたサービスのため、
利用料も通常より低く設定しており、運営負担が大きくなってしまうのが実情です。

社会から孤立したシングルマザーが、明るい未来に向かって歩んでいけるように。

温かな絆のある家庭を築いていけるように。皆様のお力が必要です。
以下の内容でご支援またはご協力いただける方は是非ご一報ください。

●資金の援助
 ご協力いただける方は【こちらをクリックして詳細ページをご覧ください。
 ・マンスリーサポート(月々1000円~の継続寄付)
 ・自由額でのサポート(クレジットカード・振込にも対応)
 ・他の受け渡し方法についても直接お問合せください


●PACサポート
 ・小さな子ども向けの絵本・おもちゃなどの寄付
 ・宣伝など広報活動をお手伝いいだだけるボランティアの方

●TOB塾
 ・週1~2コマで塾生の授業を担当できるボランティアの方
 (内容:高卒認定試験~センター試験・難関私立大レベル)
 ・塾生のための教材作成にご協力いただけるボランティアの方
 (内容:高卒認定試験~センター試験・難関私立大レベル
 
【連絡先】
 TOB塾 〒663-8032 兵庫県西宮市高木西町14-6
 Tel/Fax 0798-56-7139(またはホームページ問い合わせフォームまで)
 

 




【告知】シンポジウムの開催および登壇について



このたび、TOB塾とも親交のあるシングルマザーの支援団体「NPO法人しんぐるまざぁず・フォーラム・関西」様が主催するシンポジウムが、6月25日、大阪府豊中市で開催されます。
そのシンポジウムに出演するゲストスピーカーとして、TOB塾代表 山口真史が登壇することとなりました。
TOB塾(PACサポート)を通じたシングルマザーとの関わり事例の紹介、事例を踏まえたシングルマザーに関する問題提起などを展開していきます。
ご興味がおありの方、PACサポートを応援してくださる方は是非この機会に当シンポジウムへご参加ください!

 


NPO法人しんぐるまざあず・フォーラム・関西
設立12周年記念シンポジウム

シングルマザーの自立支援に向けてできること
ー 就労支援の現場に学ぶ ー

日時:6月25日(日)13時半〜16時

場所:とよなか男女共同参画センターすてっぷ
   阪急宝塚線豊中駅下車1分 エトレ豊中 5階

内容:Ⅰ.問題提起
     
    <出演>
    一般社団法人new-look代表
    山口 真史
     
    豊中市市民協働部くらし支援課 若者・就労支援担当主幹
    濱政 宏司
   
   Ⅱ.グループワーク、参加者との意見交流

参加費:会員 300円、非会員 500円

託児所:前日までの申込制。ひとり 300円(会員無料)

問合せ:NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西
    TEL/FAX 06-6147-9771
    E-mail: smfkansai@orange.zero.jp
 



1

« イベント・講演情報 | メインページ | アーカイブ

メールや電話、対面での相談も無料です。いつでもお問い合わせください!0798-56-7139 / 受付時間 受付時間 10:00~21:00(土~17:00)