HOME > TOBLOG > アーカイブ > とぶ日記

TOBLOG とぶ日記

高認直前のそれぞれの過ごし方

こんにちは!スタッフの安部です。
あっという間に11月ですね。
ついこの間まで暑い暑い言っていた気がしますが、
TOB塾でもついに扇風機をしまい、ヒーターが活躍し始めました。

さて、そんな11月の9日10日は高卒認定試験。
今回は世界史や理科基礎、数学など、
一筋縄ではいかない(?)科目を受験する塾生が多いです。
直前まで塾で講師と一緒にポイントを確認する塾生もいれば、
腹をくくって後は本番を待つだけ、という塾生も。

私の担当の塾生は、授業日以外はLINEで質問を送ってくれています。
LINEで質問してくれると、いま何で困っているかがリアルタイムで分かるので
講師としてもありがたかったりします。
ただ、文字で説明できることには限りがあるので、
ちょっと直接会って説明させて!となることも。

また、塾生のおうちがネットを使える環境の場合は、
ネット授業での対応もしていたりします。



さて、今回の第2回高卒認定試験がおわると、次回は来年の8月。

今年の4月から、8月と11月の高認を目指して準備してきた塾生も
ここを越えればちょっとひと息つけるかな、と思います。
結果とか、試験会場に行けた行けなかった関わりなく、
ちょっとゆっくり休んで好きなことでもしながらリフレッシュしてくれたら。


それでは、また結果が出るころに、塾生の感想などもお伝えしたいと思います!
また次の記事でお会いしましょう。


常識クラッシャーを歓迎するということ

こんにちは。安部です。

先日、塾生やスタッフと話していると、
大学生スタッフから「就職が決まらない…」と相談が。
すると、たまたまその場にいた塾生が社会人として働いた経験を持っており
働いていた頃のことを色々と話してくれました。
スタッフ・塾生の垣根が低く、また、色々な経験をしている人が集まっている
TOB塾ならではの光景。

今回に限ったことではなく、
塾生がスタッフの恋愛相談にのっていたり、
100万円あったらどうする?と塾生とスタッフで真剣に考えたり。

そんな話の中で、自分のまわりでは聞いたことのないような考え方が
出てきたりして、びっくりするとともに、自分にとっての常識が崩れ去ることも。
でもTOB塾には、自分の凝り固まった常識を壊してくれる、いわば常識クラッシャーを
面白いものとして歓迎する空気感があるような気がします。
実際じぶんも、誰かにとっては常識クラッシャーかもしれませんしね。

ちなみに、交流スペースに残ることなく帰る塾生もたくさんいますし、
それはそれで全然オッケー。
みんなで話している=楽しい、ひとり=さみしい、とか
そういうものからも自由に、今の自分に合った関わりができる場でありたいと思っています。


さてさてそんなTOB塾ですが、今週末、来週末に塾生向けイベントを控えています。

まず今週末9/15(日)に実施するのが、釜ヶ崎街歩きイベント。

▲実は地図上には釜ヶ崎という地名はありません

釜ヶ崎という地域はご存知でしょうか?
日雇い労働者が多くいる街として知られ、あいりん地区、と呼ばれたりもします。
数年前には、高級ホテルができる!なんて話題もあった街ですね。

当日は、そんな釜ヶ崎をよく知る方に案内していただき、塾生とともに街を歩きます。
このイベントも、私たちの常識を壊してくれるかも。
塾生はどんなことを感じるのだろう、と想像するとわくわくします。


そして来週9/21(土)に実施予定なのが、今年度2回目の保護者会。

▲前回は進路をテーマにお話しました

前回の保護者会は、はじめは少し緊張した雰囲気でしたが、
フリートークはかなりの盛り上がりを見せ、時間が足りない!といった様子の
保護者の方もいらっしゃいました。

今回もフリートークはそのままに、塾生と講師の関わり方や授業の様子などを
よりリアルに感じていただけるような内容にしたいと思っています。


イベント・保護者会の様子は、またこちらのブログにも掲載しますので、お楽しみに!
では、また次回の記事で。

「ニガテ」を大事に、よーく見つめる

こんにちは!安部です。
さて、このあいだ授業中に塾生と、人前に立って話をするのが苦手だー!という話になりました。そこで、なんでそう思うの?どうしたら得意になれる?というかそもそも得意になる必要ってある?というところを一緒に考えてみました。

なんで人前で話すのは難しいんだろう?
実は私も人前で話すのは苦手なので、お互いになぜ苦手意識を持っているかを出し合ってみました。そこで挙がったのが、下のような理由。
・自信がない
・慣れていない
・たくさんの人を見るとそれだけで緊張する

出しあってみると意外と似たものもあり、だよねー!と共感し合う結果に。

それぞれ対策を考えてみる
今度はその理由について、対応策はあるのか?を一緒に考えてみました。
・自信がない→自信をもって話せる内容ならば話せるかもしれない
・慣れていない→電話などそこまで緊張しないもので場数を踏んでみるのもあり
・たくさんの人を見るとそれだけで緊張する→話しているのを動画にとって流すなら緊張しないかも

一緒に話し合っていると、それなら出来る、それはハードルが高いかも、などとお互いに許容範囲が明らかになってきました。また同じ苦手意識なのに、私は知らない人の前ならOKだけど、塾生は知らない人でも緊張する、など、違いがあることも判明。

さてどうしよう?
さて、対策案が出てきたところで、それを試してみるかどうか。そもそも“ニガテ”と思うことは全て努力して克服すべき、というわけでもなく、そのままでいいものもある気がします。
この問題を考えるときに、本人の捉え方を大事にしてみる、という方法があると思います。塾生が「コンプレックスだから改善したい」と感じていれば全力でサポートしますし、塾生が「ニガテはニガテのままでも大丈夫」と感じていれば、それを踏まえた将来を一緒に考える、というやり方です。
今回の塾生も、人前で少しでも楽に話せるように努力する必要があるのか、進路やその先の職業選択も含め、一緒に考えていきたいと思っています。

人生、この”ニガテ”どうしたもんかなーとゆっくり考える時間もあってもいいですよね。塾生が考えているときに、隣で一緒に考えたり、愚痴を聞いたり、選択肢をいくつか出したり…そういうことができる存在でありたいと思います。

6月のTOB塾

こんにちは。安部です。
もう2019年の上半期が終わろうとしているそうです。時が流れるのは速いですねー!

さて今回は、TOB塾の最近の様子をご報告します!

梅雨に入り、じめじめした気候ですね。
TOB塾では授業前に扇風機の前で涼んでいる塾生と講師の姿や、授業後に交流スペースで雨が弱くなるのを待つ塾生の姿も見られます。雨や暑さが意外な交流を生んでいるようですねー。
一方で、低気圧や急激な気温変化で体調を崩している塾生もいるようです。低気圧…なんともしがたい存在ですが、しのげる方法を見つけていきたいものです。


こちらは玄関に置いてあるイベントまでのカウントダウン。
いまは高卒認定試験までをカウントダウンしています。願書が届いた塾生もおり、もうすぐという感じがしてきましたね。
講師から直接声掛けするのもいいですが、授業前にこれを見て後〇日なのね、じゃあこういう感じで進めようかな、と塾生本人にも考えてもらえたらいいな、と思っています。


7月には、塾生参加型のイベントもひかえています。
TOB塾の塾生は、学校も年齢もバラバラでお互い面識がない人がほとんどですので、当日会った人同士、気が向けば話すかも、という自由なスタンスになるのでは?と思います。
こちらは実施後に、ブログに当日の様子をアップしますので、お楽しみにー!

自習室があたらしく!

こんにちは!TOB塾スタッフの安部です。

5月は、高卒認定試験の願書提出や、全国統一模試などがありましたので、目標を再確認した塾生もいたと思います。次の目標に向けて進んでいる塾生を応援すべく、TOB塾の自習室も生まれ変わりました!


▲以前の自習室。長机をシェアして使っていました。


▲新しい自習室。ひとりひとりスペースが区切られています。

ご覧の通り、より集中しやすいスペースになりました!毎日自習室に来てくれている塾生もいて、嬉しい限りです。

以前のように長机で勉強したい塾生は、1階の交流スペースで自習をしています。色んなニーズに対応しているところが、自習ひとつとっても、TOB塾らしいですね。

家で自習するつもりだったのに出来なかった。そんな失敗体験が積み重なると、どうせ自分は勉強できない、という気持ちになってしまいがち。でも実は家の環境が自習に適していなかっただけ、なんてこともあると思います。
塾生のみなさーん!自習しに来てみてくださいねー!

オープンキャンパスに行ってきました

こんにちは。日中30度を超える日も出てきて半袖の出番が出てきましたね。スタッフの山元です。
 
先日5月21日に担当の受験生の塾生と関西外国語大学のオープンキャンパスに行って参りました。
保護者と行くのはちょっと…というお年頃。じゃあ授業も兼ねて一緒行こっか!というノリで参加してきました。
 

 
洗練されて落ち着いた環境かつ語学学習に適した環境で、塾生自身「ここに行きたい!」と強く思うと同時に現在のレベルと求められるレベルとの差に「もっと勉強を頑張りたい!頑張ろう!」と思ったそうです。
やっぱりオープンキャンパスは目標が明確になったり思ってたのと違うと分かったりでいいですね。(こちらの塾生とは2回目のオープンキャンパスで前回は少し違うかも?という感じでした。)
 
帰りはカフェでフィードバックと今後の方針や対策などを少し話した後、色々尋ねられて私の前職のお話であるとか、おススメの服の購入場所、筋トレのやり方、お金の考え方など他愛もない話をして解散しました。
担当して1年ほどになりますが、本当に何気ないこういうちょっとした話が出来るようになったことに成長したなーってしみじみ思います。こういうことも大学入学後に必要ですから。
 
目標も定まったら後はそれに向けて勉強するだけ。後約8ヶ月ほど、一緒に頑張っていきましょー。

新年のはじまり

新年あけましておめでとうございます。TOB塾スタッフの三上です。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。お正月ムードもそろそろ落ち着きはじめたころかと思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、新年とはいえTOB塾では大学受験を控えた塾生たちにとってはまさに追い込みのとき。緊張感も高まるなか、センター試験に至ってはもうあと5日と目前まで迫ってきています。来月には一般入試もひかえ、ここから3月までは多分あっという間に過ぎていきそうです。



ちょうどこの時期は、直前の過去問演習の正誤や得点率のムラに一喜一憂したりと、なかなか気持ちも落ち着かない時期ではありますが、塾に来て自習する人もいれば、自宅で缶詰になる人もいたり、塾生たちはそれぞれ各自が集中できるやり方で追い込みをかけているようです。講師やスタッフは普段通りどっしりと構えて、がんばったり揺れたりする塾生を、しっかりと横並びで見守っていきたいと思います。



なお、塾自体はもう三が日以降からバリバリ始まっております。塾生も講師の大学生たちも、年明けすぐにも関わらずシャキっとしており、私も気持ち切り替えてシャキっとせんとなあ…と、思わされた今日この頃です。(1月3日の晩には「あと3ヶ月くらい時間止まらんかな」などと思っていた)

と、いうのも2月・3月と、立て続けに不登校生や高校中退者やその保護者の方へ向けた発信系イベントを企画しているのですが、これを詰めるのにもうひとふた頑張りしなければいけません。イベントについては、また詳しく形になり次第、ブログでも告知していければなと思いますので、続報をお待ちください。

それではまた次の記事で!

とぶ日記「タピオカ」


■とぶ日記 掲載開始のお知らせ(2018.2.15~)

ネットからはなかなか伝わりにくいTOB塾のゆるーい雰囲気が伝われば…
そんな思いから、何気ない日々の1コマを紹介する「とぶ日記」が開始します。
変な記事も多々出現するかもしれませんが、暖かく見守っていただければ幸いです。


── 授業中のこと…




講師T
合格おめでとう!今日はゆっくりと話できるね~

塾生M
そうですね~(※最近受験でかなり大変でした)

講師T
oO(今まで大変だったし、明るい話題でも…)

講師T
そうだ!Mちゃん好きな飲み物とかある?

塾生M
好きな飲み物?

講師T
そう、タピオカ入りのヤツで。

塾生M
oO(タピオカ入りのヤツで…?)

講師T
私はいちごミルク!Mちゃんは?

塾生M
ミルクティーですね。



── 授業後の事務室にて…




講師T
と、そんな話をしてたんですよ今日は。



── なるほど。Mさんはタピオカ入りミルクティーが好きか。




塾生M
いえ、普通のミルクティーがいいです。







みんなちがって、みんないい。

とぶ日記「君の名は」


■とぶ日記 掲載開始のお知らせ(2018.2.15)

ネットからはなかなか伝わりにくいTOB塾のゆるーい雰囲気が伝われば…
そんな思いから、何気ない日々の1コマを紹介する「とぶ日記」が開始します。
変な記事も多々出現するかもしれませんが、暖かく見守っていただければ幸いです。


── 授業終了後、事務室にて…




塾生K
今日の授業は結構いろいろしゃべったような…。

講師C
「チャラい」はアリかナシかみたいな話とか(?)

塾生K
あと名前。(講師Cに)あだ名をつけようと思って。

講師C
そうなんですよ。(※初対面から半年が経過)

塾生K
結構案を出しました。「姉御」とか「未亡人」とか。

講師C
そういえば昔は「女番長」て呼ばれてたな…。



── あだ名は決まりましたか?




塾生K
それがですね。

講師C
すべて却下しました。









私たちは、会えば絶対、すぐにわかる(BGM:前前前世)

1

メインページ | アーカイブ | 進路記録 »

メールや電話、対面での相談も無料です。いつでもお問い合わせください!0798-56-7139 / 受付時間 受付時間 10:00~21:00(土~17:00)