HOME > 塾生インタビュー

塾生インタビュー

S.Sさん(龍谷大学文学部入学)



-TOB塾を知ったきっかけは?
高校2年の時から引きこもっていたんですが、20歳を過ぎたあたりから「そろそろヤバいな」と思い始めて。親からも大学進学を勧められていて、そのための方法を自分でも探してたんですが、よく考えたら自分は高校を途中で辞めたのですぐに大学受験も出来ないし、自分の学力じゃ受験できても合格できないなと思って。勉強しながら大学を目指せるような場所はないものかと、インターネットで調べていたときにTOB塾を見つけたんです。
 
-引きこもっていた頃はどんな感じだった?
アトピーの症状がひどくなってきたのもあって、周りの目を気にして外に出なくなりました。その頃は一人でゲームなどに没頭していた記憶があります。
家にいる時は孤独感がすごくありました。2日に1回くらいのペースで、まだ引きこもる前のこと、外に出て人と一緒に過ごしてた頃の夢を見るようになっていて…
ニートをしていると予定がないし、本当に外に出なくなるんですよね。塾に通い始めてからはアトピーの症状も落ち着きはじめ、毎週「行かないとな」と思って通っているうちに、自然と外に出やすくなった感じです。
 
-初めてTOB塾に行くとき、抵抗はあった?
あったかもしれないですけど、当時はそんなことよりも「とにかくヤバい」という焦りの方が強かったので。抵抗はそんなにありませんでした。
 
-親との関係はどうでしたか?
そこまで親からあれこれ言われることもなく「なんとかなってくれたらいいな」くらいに思われていたように思います。いま思えば、親から受けるプレッシャーみたいなものがなかったので、そこは自分としてはありがたかったです。
 
-高卒認定2ヶ月で8科目合格したけれど、実は勉強得意なのでは?
いや~全然ですよ(笑)。高校も偏差値40くらいの学校でしたし、高1の時は行ってましたけど、授業中は寝てばかりでしたから。
高卒認定試験は実際やってみると、英語と数学だけ除けば、ほかは科目に関わらず基本的な読解力だけで解ける問題が多かったです。自分はもともと本を読むほうだったので、その経験も役に立ったと思います。
でも英語なんかは全然できるほうではなくて。目標は大学受験だけど、中2から学び直さないといけないくらいのレベルでした。


 
-大学受験をやってみて、どうだった?
高卒認定をとって、その後すぐに2ヶ月ほどで大学受験(当時追手門大学と桃山大学)にチャレンジしてみたのですが、大学入試と高卒認定試験とのレベルの違いを痛感しました。
その後は1年間浪人することに決め、ずっと古文と英語と世界史を勉強していたら、なんとか公募制推薦入試で龍谷大学に合格できて。嬉しかったです。
 
-授業や日常のなかで、講師はどんな存在だった?
僕の講師は社会人と大学生の2人なのですが、2人ともタイプは全然違います。違うんですけど、それぞれ自分に合うところがあったんですね。
社会人の方はとにかくしっかりしていて、何から何まで知っている感じで。文法など聞いたことは何でも教えてくれたので、疑問はすぐに解決することができました。英語なんかは中学レベルからの学び直しで大変でしたけれど、わからないことがすぐ聞けるのは本当にありがたかったです。
大学生の方とは趣味が合ったのでよく雑談で盛り上がりましたし、授業以外でも色んなところへ連れて行ってくれたりしました。引きこもっていた時にあった孤独感みたいなのはだいぶ薄れたと思います。
TOB塾に来る前は、アトピーが気になることもあって、人と関わったり人前に立つことに臆病になっていたのですけど、塾にくるたび事務室で出会う人たちもいつも気さくに話しかけてくれたりして、しっかり対人経験を積めたことがよかったと感じています。
 
-受験を終えて、今後はどんなことをしてみたい?
そうですね…(20歳を過ぎているので)お酒を飲んでダラダラしたいですね(笑)。実は最近、親父とも飲みに行ったりしてるんですよ。
これまでは完全に人から言われないと動かないことがほとんどだったけれど、いまは積極的に自分から「やろう」と思って動くことができるようになったと思います。進路についても、去年は経営学部とか経済学部とか受験をしていたのですが、今年になって自分のやりたいことをじっくり考えたときに、何となく思っていたけど、はっきり言語化できなかったことが少し見えてきたりして。NPOとかNGOとか、new-lookでやってることを見て、社会学科を受験してみたりしました。
どんな進路を行くにしても、そんな風に自分で考えて、自分で動けるようになったことがよかったなと感じています。
これからの目標は、ひとまず大学生活をおもいきり楽しみたいなと思ってますね。

I.Hさん(近畿大学国際学部入学)



-TOB塾と出会ったきっかけは?
もともと全日制の高校に通っていたけど、通信制高校の方が自分には合っていると思い、辞めて通信へ行き直した。でも実際通信の授業を受けてみると、全然内容が頭に入らなくて。大学には行きたかったし「勉強せなあかんな」とはずっと感じていた。
少し経ってから「受験勉強始めようと思う」と親と話していたとき、TOB塾のことを知って、それが塾との出会いだった。
 
-TOB塾は自分にとってどんな場所だった?
「勉強せなあかんな」という自分の気持ちを後押ししてくれた場所。通っていると自然とその気持ちを持ち続けられたし、行動につなげることができた。
週1来て、同じような状況の人と話したりするのも楽しかった。もっと家から近かったら、学校代わりに毎日足を運んでいたと思う。
 
-大学生活はどう?
一言でいうと楽しい。今度アメリカへ8ヶ月留学にいってきます!
 
-いまの大学を選んだ理由は?
別に学部とかにこだわりはなくて、スポーツ系の勉強がしたいと思って。あとは英語の勉強だけは楽しかったから。結局近大の国際に。
 
-受験を終えて大学入ってみて感じたことは?
前は自分で自分のことを「なにも頑張ってこなかった(勉強とか、やってたサッカーとかも)」と思ってたけど、いまは受験勉強をがんばれたことで自信がついた。受験はゴールが決まってるし、周りも受けるものだから。


 
-自分なりの勉強方法はあった?
追い込みの期間中はほとんど英語しかしてなかったけれど、捗る日でも1日5時間くらい。家でボーっとしてしまう日も結構あったので、1人で勉強したいときはTOB塾や家の近くのマクドでやるとか、とにかく家の外に出て勉強するようにしてた。
 
-モチベーションの保ち方は?
朝起きたときは「家でも勉強できるんちゃうんか」と思ってしまうけど、そう思っても結局気づいたらダラダラしてしまう。勉強がはかどらないとイライラしてしまうし、家の外に出ることが勉強の面でも気分の面でも大きかったと思う。
しんどいときは受験を終えた先にある楽しい生活をイメージしたり、勉強が嫌になるまではやりすぎないようにしたり。マイペースにコツコツやっていた。
 
-親との関係はどんなだった?
親は自分にはあまり何も言ってこない感じ。高校サボってたときとかも心配されてたとは思うけど、そのときは親のことまで気は回らなかった。もしその時期に親からいろいろ言われてたら(自分でも自分の状況がよくないとわかってるので)すごいイライラしていたと思う。いま思えば、学校へ行ってなかったときに親が自分に何も言ってこなかったのは、無理して行くほうがよくないと親も思ってたからかも。
TOB塾に通うようになって、勉強始めてしまったあとは、親も少しは安心してくれたんじゃないかなと思う。もともと勉強しろとかは言われたこともなかったけど。
 
-いま立ち止まっている人へ、なにかメッセージは?
自分にとって受験勉強はひとつのきっかけ。なんでもきっかけさえあれば、意外と自分自身も状況も少しずつ変わっていくことができるとわかった。自分の場合は「きっと大学は楽しいんだろうな。」と思って、勉強することを通じて一歩を踏み出したけど、実際に受験を終えて大学に通ってみると、やっぱり楽しい。
自分も動き出すまえは、先のことやいまのことは考えてなかったし、考えたくもないと思っていた。勉強も「いつかはするんやろうな」程度にしか思ってなかった。けどいざ勉強を始めてみたら心が落ち着いてきて「前に進んでいってる」と思えた。自分のペースで、自分の目標に向かって行動できたら、あとからそれが自信になるから。一歩踏み出してみてください。

槌谷和真さん(甲南大学文学部入学)



-つっちーにとってTOB塾はどんな場所だった?
塾は第2の家みたいな感じでした。塾には安心して来れるし、毎日塾に来るようになって、お昼ご飯も毎日一緒に食べて、過ごす時間も長かったので。
 
-塾ではどんな過ごし方を?
週2で畑(となりのはたけ)をしていたので、畑のある日は午前に畑、お昼ご飯をみんなで食べて、午後から勉強という感じでした。畑は運動にもなるし、穫れた野菜で料理することもあって、自炊も少しできるようになりました。畑の時間は人と話せる機会にもなるし、畑が無かったら仲良くなってなかった人もいると思います。この一年は人との出会いが少なかったので、とても貴重な時間でした。
 
-勉強は好きだった?
勉強をやり始めるのに、すごくストレスを感じていたし、勉強は嫌いでした。3月・4月はほとんど勉強できていませんでしたが、5月ぐらいからリズムができてきて自習できるようになってきました。
 
-具体的には、どんなことをしてた?
縛るものがないとだらけるので、毎日起きる時間を決めて、体調が多少悪くても塾に行くところから始めました。スタッフとか塾生とかもいろんな事情を持っていましたし、自分のことも知ってもらえているので、本心で気軽に話せるので、毎日来ることが楽しみでした。それもあって、塾に来てからゆっくり調子を整えて勉強し始めることができました。
 
-勉強はどのように進めてた?
少しゆるめに、その日に決めた量をやり切ることを意識しました。それが終わったら好きな教科をやっていくようなスタイルでした。時期によって楽しいと感じる教科にムラがあったので、その日の気分で教科ごと量を決めて進めました。11月からは過去問に取り組んで、少しずつ点数が上がって、それを講師に評価されたこともやる気につながりました。
講師の方からは、模試を受ける前にわざわざ模試の受け方を手書きで作ってもらえたんでそれも日々の勉強に活かせられて良かったです。


 
-TOB塾をどうやって選んだの?
はじめは大手予備校にいくつもりをしていました。PC授業なので、体調にも気を遣わないで行けるだろうと思って。ただ「今のままずっと生きていくのでいいのか?」と言われたときに、体調面も学力面も本当に自分に合った塾を探そうと思ったときに出会いました。
普通の浪人生とは違うこともしたいと思っていたのもあって、塾以外にnew-lookでやっているいろんなことにも興味が出たので「ここなら」と決断しました。
 
-周りの反応は?
親は決断までの時間が短かったこととか、入塾後に畑をやることとか、驚いていました。あと、より明るくなったと言われます。
 
-この一年過ごして最も変わったことは?
完全に人から言われないと動かなかったのが、積極的に自分からやろうと思って動くことができるようになったと思います。進路についても、去年は経営学部とか経済学部とか受験をしていたのですが、自分のやりたいことをじっくり考えたときに、何となく思っていたけどはっきり言語化できなかったNPOとかNGOとか、new-lookでやってることを見て、社会学科を選びました。
 
-どんな大学生活を送りたいですか?
1年間体調不良で高校生活を楽しめてなかったし、勉強も満足にできてなかったという思いがあるので、体調も戻ってきている今、大学生活を存分に楽しみたいです。
大学で部活と勉強に頑張りつつ、new-lookでは支えられる立場から支える立場、塾生からスタッフに変わって活動を続けていきます。

武藤慎吾さん(関西大学社会学部入学)

武藤慎吾さん(関西大学社会学部入学)

-慎吾にとってTOB塾はどんな場所だった?
授業がすごく役に立ったとか、勉強を教えてくれるというよりは、リズムを整えてリフレッシュできるところでした。自分のやり方で勉強を進めたかったので、それがとてもありがたかったです。

-自分で結構勉強できてたもんね。
昔から、短期間の勉強は結構できるなと思ってたんです。そのときだけガッと集中してやるみたいな感じ。でも、長期になるとどうなるか分からなかったので不安でした。実際やってみると、勉強に対する不安とか、将来に対する不安とかいろいろ出てきて、結構難しかったです。

-その辺のリズムを整えるのがTOB塾だったってことね。
そうですね。特に、夏が明けて、受験校への到達度が分からずどんどん不安になっていったときとか、問題は解けるようになってきたけど「本番大丈夫か?」って悩んでた時期とか、とても助かりました。
塾に行ったときは講師と話したりして頑張ろうと思えましたし、自宅で追い込むために途中休塾してた時もLINEや電話がありましたし、塾に「頭の整理手伝うよー」と誘われた機会があったりもしました。そんな感じで本番まで塾に通ったり、家でこもったりしながら進んでいきました。

-受験勉強を最後までやり切れたのはどうしてだと思う?
一番は、"自分でできる範囲の無理"を続けていたことだと思います。あとは勉強しているときに、「周りは関係ないし、やることやっていれば最後はハッピーエンドになる」と信じ続けたこと。合否を考えてしまうと不安になるので、それよりも日々やるべき勉強をやっているかどうかだけを見ていました。そうやって勉強続けてると、最後のほうには「受からんかったら、取らんかった大学が悪い」とまで思ってました(笑)。そういう開き直りも大事だと思います。

-大学で、普通に高校卒業してきた人との違いを感じることはある?
気にするほどの違いはないと思います。むしろ、自分で進路を選んで自分で進んできたという自信はありますし、そのあたりで自分の考えをしっかり持っているという意味では少し違いを感じることもありますね。
逆に、自分は自分、とあまり周りが気にならなくなりました。大学には自分よりできる人もできない人もいろいろいるし、自分が決めたラインができていればそれでいいと思っています。なので、大学の勉強もですが、自分の判断でして、自分が興味のある分野についてもっと考えて動いていきたいですね。

-最後に、TOB塾で印象に残っていることは?
やっぱり一番最初ですかね。高校辞めてから所属もなくフワフワした落ち着かない生活で、何をしていいか分からなくて不安でした。だけど、TOB塾にあっさりと入塾が決まったら、地に足がついた感覚があって、次に進めるイメージを持てました。
あとは、休塾してるのに何度も連絡してくれてたのが、そこに所属してることを確認できてるようでうれしかったです。


1

アーカイブ

メールや電話、対面での相談も無料です。いつでもお問い合わせください!0798-56-7139 / 受付時間 受付時間 10:00~21:00(土~17:00)