HOME > FEATURE > アーカイブ > 2020年7月

FEATURE 2020年7月

高認ココだけ(英語)

英語も苦手意識を持ってしまうと、
どんどんできなくなっていって、
一層苦手だと思ってしまう科目ですよね。

なので、高卒認定にも英語を苦手とする人たちがたくさん受けに来ますから
合格点も標準的な40点程度になることが多い科目です。

ということで、こちらも40点を目指してどこを勉強していくか
早速見ていきましょう。



英語もだいたい問題の傾向は変わらず安定しています。
・大問1:会話文①(12点)
・大問2:会話文②(20点)
・大問3:並び替え(12点)
・大問4:日本語要約(12点)
・大問5:空所補充(12点)
・大問6:長文①(12点)
・大問7:長文②(20点)



< 英語の狙い目は会話文 >
ここで注目すべきは大問1と2の会話文です。

■ 大問1:意味上大事な単語はどれ?
大問1では、「最も強く発音される単語は?」という問題です。
これはアクセントの問題ではなく、重要な単語を選ぶ問題だというところがポイントです。
会話文の中で、最も強く言わなければならない単語を4択の中から選ぶので、
言い換えると「4択の中で1つしか話せないとしたら?」という問題だと思ってください。



この問題の注目すべきポイントは以下の3つです。
①初めて出てきた単語
②具体的な表現
③長い単語

上記3つがターゲットになりやすいです。

あくまで傾向として、ですが、困ったときには使ってみてください。

■ 大問2:普通に普通の会話文を補う問題
次に大問2ですが、 実際の会話文の一文を補充する問題なので、
自由度が高くわかりやすい攻略法がありません。

なので、少し英語の勉強が必要になります。

全体としては「会話はキャッチボール」なので、
難しい文法をしっかり学ぶ、というよりは、
単語見て意味がつかめればいい、ぐらいの気持ちでやっていきましょう。

一応、英語というのはこういう言語、みたいな動画を撮りましたので、
聞き流しででもこちらの再生リストも参考にしてみてください!
https://www.youtube.com/playlist?list=PL4aCHMAhSZIO_Cx0c2LEMnQtIfA7uAKV2

過去問を使った練習方法としては、
① 会話の中で出てきた単語を検索し、意味を全て確認する。
② その単語の並びで、どういう意味かをイメージする。
③ 文全体の英語をGoogle等で翻訳にかけてイメージと一致する確認する。
④ 出てきた単語は、別でメモして繰り返し見て覚えていく。



この手順で英語に少しずつ慣れることによって、大問4も解くことができるようになります。
慣れるまでは手ごわい英語ですが、頑張って少しずつ感覚を身につけられますように。

高認ココだけ(英語)の詳しい内容は↓からYouTubeで確認できます。

高認ココだけ(数学)

「苦手だ!」という人も多い数学。

でも、
逆に、

数学は苦手意識のある人が多くてみんな点数が低いので、
30点台での合格もあり得る科目です。

この記事では、高卒認定の数学のポイント解説をしていきたいと思います。
高認ココだけ(数学)①

まず数学の構成を見ていきましょう。

数学はだいたい問題の傾向は変わらず、大問1から大問6で構成されています。
・大問1:二次方程式(15点)
・大問2:不等式(10点)
・大問3:二次関数(15点)
・大問4:二次関数(15点)
・大問5:三角比(25点)
・大問6:データ分析(20点)


この中で、40点を取りに行けるように考えていきましょう。

< 1.必ずおさえたいデータ分析(大問6) >
まず注目するべきは大問6のデータ分析です。
ここでは小問4つありますが、そのうち①②④は言葉の意味さえ分かっていれば解ける問題になっています。
狙い目はこのうちの問題1,2,4の3問。15点。

以下に小問ごとの抑えておいて欲しい言葉をまとめます。
①平均、中央値、最頻値、範囲
https://youtu.be/OLK7QJrfSEo
②箱ひげ図
https://youtu.be/j0Pv4vhseQk
④正の相関、負の相関
https://youtu.be/-d3rRCo5EJE

わからないものはYouTubeで検索してみると、
ほかにも詳しい解説動画がいくつも出てきますので、
自分にとってわかりやすい動画を選んで見てみましょう。

< 2.見た目で解くという裏ワザ(大問3,4,5) >
次に見た目で解ける問題として、二次関数と三角比があります。
二次関数に関して、例えば交点の座標が0と2だった場合。
頂点の見た目が明らかにその半分になっていたら1しか答えは入らないという感じです。
https://youtu.be/irkEjT1ypxE
高認ココだけ(数学)②
同じく三角比に関しても、三角形で1つの辺の長さが分かっている場合、他の辺の長さは、それより短いか長いかで判断していきます。
高認ココだけ(数学)③
このように、グラフや図形は見た目で解ける問題がいくつかあるので挑戦してみましょう。

< 3.根性で解く文章題(大問2) >
最後に文章問題ですが、これは文章をよく読み、日常生活に置き換えて考えることで解きやすくなるので、いくつか問題を読んでみて、日常生活に置き換える練習をしましょう。
https://youtu.be/_ack38AKIxQ

その他の問題に関しては、正直少し知識が必要になってきますが、ほとんどの問題が4択なので、とにかく全て埋めるように心がけましょう。

こちらのyoutube再生リストでも
高認数学解説を約40点分の解説をしてますので見てみてください!
https://www.youtube.com/playlist?list=PL4aCHMAhSZINF9ZO6XzGkiU3Iq3-Wm5Ge

また少しでも解けそうだなという問題があればYouTubeで検索にかけ、動画を見てみてください。

高認ココだけ(数学)の詳しい内容は↓からYouTubeでご確認ください。


1

« 2019年4月 | メインページ | アーカイブ

メールや電話、対面での相談も無料です。いつでもお問い合わせください!0798-56-7139 / 受付時間 受付時間 10:00~21:00(土~17:00)