HOME > TOBLOG > 行事など > TOB塾の春、イベントの春

TOBLOG

< 寝る子は育つ、悩む子も育つ  |  一覧へ戻る  |  TURNING POINT 2017 >

TOB塾の春、イベントの春

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。
もうそろそろ春。TOB塾では春といえば行事の季節です。
つい先日の3月15日にも、卒塾パーティが行われました。

卒塾パーティ
進学や就職など、TOB塾から巣立っていく塾生を送り出すイベント。
在塾生も卒塾生も自由参加で、のびのびと食事や会話を楽しみます。
今年度はスタッフと塾生をあわせ、15名程度の参加がありました。


▲ いつもは静かな会議室も、人やら装飾やらで大分賑やかに


卒塾式、卒業式と言うと少し締まった印象を受けますが、そこはTOB塾。
良い意味で一般的な式典などとはかけ離れたユルユルなパーティです。
特に今年度は小さい子連れの在塾生がおり、半ば皆で乳児を愛でる会に。
子はかすがいとはよく言ったもんだなあと。



▲ 今年度の献立はカレー、畑の野菜も大量に入っております



▲ 卒塾記念品贈呈、カメラ目線を忘れないユルさ


さて、この卒塾生・在塾生・スタッフが一同に会する卒塾パーティ。
ユルい雰囲気ではありますが、それぞれの胸のうちは三者三様です。

卒塾生にとっては自身の軌跡を振り返るパーティであり、
在塾生にとっては近い将来の自分をイメージするパーティであり、
スタッフにとっては卒塾生を歓送しつつ、内省するパーティであり。



▲ 参加者へ思い思いのメッセージを伝える卒塾生たち


入塾から卒塾まで、塾の中でも外でも色んなことがあったと思います。
これまでそれぞれが塾で過ごした日々、これから過ごすであろう日々、
皆それぞれに思いを巡らせつつ、卒塾生の門出を祝う会なのでありました。

イベントのお知らせ

3月の行事つながりということで、もう一つイベントのお知らせです。
来たる3月26日(日)、new-look(TOB塾)主催の年に一度の中退経験者の集会
「turning point -ターニングポイント- 2017」が開催されます。

現在社会で活躍中の高校中退経験者の方々をゲストに迎え、
それぞれの経験談、キャリア観をまじえ、中退後の人生を考えていきます。
世の中には色んな生き方があること、人との違いも武器に変えられること、
この会を通して参加者には様々な発見や出会いを得ていただければと思います。

場所は梅田、開催は日中と、様々な方にお越しいただきやすくなっております。
イベントの詳細、参加の申し込みについてはこちらをクリックしてください。
皆様のご参加、心よりお待ちしています!

カテゴリ:

< 寝る子は育つ、悩む子も育つ  |  一覧へ戻る  |  TURNING POINT 2017 >

同じカテゴリの記事

夏の思い出

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。台風が沢山くるわりにずっと猛暑でしたが、今日くらいから日も短くなって少しずつ朝晩が涼しくなってきそうな気配です。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、TOB塾では8月26日(日)にスイカ割り&花火大会を行いました。花火は一昨年から夏の終わりの恒例行事となっていましたが、今年はおもむろにスイカ割りが追加されました。公園でスイカ割りとか生まれて初めてでしたが、意外と違和感がない。なぜ。



この日は現塾生のほか、進路を定めるために一旦塾から離れていた塾生や、卒塾生もちらほら遊びに来てくれました。主催スタッフも喜んでいると思います。ありがとー。
久しぶりに顔を見れた人もいたのですが、みんな元気そうでなにより。ちなみに来てくれた卒塾生のうちの1人は、PACサポートコース(シングルペアレント向けの子連れ通塾コース)を利用して大学に進学した塾生で、2歳になった子どもと一緒に来てくれました。ちょっと見ない間に大きくなるので子どもの成長は一瞬だなあと。



会が終わったあとは一旦解散し、二次会ということで塾生の実家の焼き鳥屋さんでみんなでご飯を食べることに。おいしく飲み食いさせてもらいつつ解散いたしました。またこういう風に今通塾してる人だけでなく、塾とつながりのある人たちが誰でも参加できる場をコンスタントに作っていければよいなあと思います。

ではでは、また次の記事でお会いしましょう!

午後の登山 in 甲山!

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。今年は記録的な猛暑ということで、熱中症で倒れる人も多いとか。これからのレジャーシーズン、空調のないところでは日差しや水分に気を配って、健康的に楽しんでいきたいところですね。

さて、レジャーといえば先日は塾のみんなで片道30分ほどのプチ登山を実施しました。



ゴールは関学の裏手から遊歩道を少しだけ登ったところにある甲山森林公園の展望台。開始時間は少し遅めの夕方5時。歩きだした頃はなかなかに暑く、関学の芝生で休憩したり、おしゃべりしたり、ゆるゆるとした道中でした。日の長さ的にもちょうどよい開始時間で、展望台に到着してからは各時間帯の景色をフルコースで味わえました。



この企画、当初は「暑さも避けれて夜景も見れる」という発想でこの時間設定になったのですが、なんと同日に芦屋で花火大会があったようで、夜景をバックに花火を見られるといったオマケも楽しめました。初対面同士の塾生やスタッフたちも居ましたが、それぞれおしゃべりしたり、水鉄砲撃ってみたり、それぞれ好きなように過ごすまったりとした時間。



心なしか、人間じっとしているときより身体を動かしているときのほうが、おしゃべりになれるような気がします。小さな子どもは身体を動かすと思考も活発になるそうですが、意外と大人もそうなのかもしれません。これからは話しづらいことは歩きながら話してみようと思います。以後、僕が「少し歩きながら話しませんか」と言い出したら、それはたぶんなにかを自供しようとしている時です。よろしくお願いします。

それでは、また次の記事でお会いしましょう!

巣立ちの日



こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。
もう年度末ということで、先日TOB塾では毎年恒例のおつかれ会&卒塾式が行われました。

TOB塾で「おつかれ会」と「卒塾式」を同時に行っている理由はいくつかあります。ひとつは、在塾生も卒塾生もみんな1年おつかれさまでしたと、あまり立場を気にせずに色んな人たちが集まれる場を作りたいから。そしてもう一つは「卒塾だから」とあまりかしこまりすぎず、最後までのびのびとしている方が単純にTOB塾らしい。という思いからです。

※ とはいえ「おつかれ会&卒塾式」は言いづらいので良い呼び名を募集中です。

今年も色んな人が集まってくれたこの行事。初対面同士も多かったのですが、とりあえずワイワイ騒ぐ人、そんな人の様子をちょっと離れたところから見て楽しむ人、司会の用意したゲームに夢中になる人、菓子をつまむ人など、まぁほんと思い思いに過ごす感じが相変わらずTOB塾らしいと思いました。



会の後半は卒塾式。卒塾生たちがみんなの前で「TOB塾で思い出に残ったこと」「これからやろうと思うこと」などを発表します。このときばかりは、いつもはゆるい感じの講師たちも、塾に入って間もない在塾生たちも、じっと卒塾生の方を見ています。在塾生たちの胸にも、なにか響くものはあったでしょうか。

やがてスピーチも私が担当した卒塾生の番に。普段あまりかしこまらない彼ですが、今日は人前にも関わらず色々話してくれました。私もいざ彼に言葉を贈ろうと前に立つと、不思議と彼と同じような感じになってしまいました。気恥ずかしいような、性分ではないような。おそらく彼もそんな気分を圧して色々話してくれたのだと思います。
私が彼と過ごした時間が、彼の人生にとって何の足しになるのかまだ私にはわかりません。でも少なくとも、彼と過ごした時間は私にとっては確かな足しになっています。ありがたい限りです。彼にとっても、そうであればいいなと願っています。

少し私事が膨らんでしまいましたが、この話は私を含めてスタッフ・卒塾生・在塾生、すべての人にとっても言えることです。みんながみんな、自分の人生の足しになるものを、TOB塾で過ごした日々のなかに、出会った人のなかに、ぶっちゃけTOB塾とか全く関係ない瞬間のなかにだって、どんどんと見つけていける人になってほしいと思っています。それがTOB塾ですから。



少しうまくまとまらない話になってしまいましたが、今年ももうあと数週間で新年度。人生なんて節目があるだけで、始まりや終わりはあってないようなものです。そこが始まりと思えば目線は前に向きますし、そこが終わりと思えば不思議と足は止まります。
「新しい人生のスタートを応援する」とはTOB塾のキャッチフレーズですが、人生いつでも思い立ったがスタート。これからもそれぞれが、それぞれの道をぼちぼちと進んで行くのだろうと思います。

これから新たな年度を迎えるTOB塾を、どうか皆さま引き続き、暖かく見守っていただければ幸いです。それではまた!

今年も一年ありがとうございました!

こんにちは。学生ライターの足立です。
今年もとうとう大晦日。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 
TOB塾ではみんなでワイワイ大掃除&プチ忘年会を行いました。
例によってほんわかした雰囲気ながらも丁寧にやっつけてくれました。

手伝ってくださった人たち、ありがとうございます!
 


▲玄関もぴかぴかに!




▲仮置きの掃除グッズと、整理整頓中のアイテムで溢れかえる書庫。



あっと言う間の一年間。塾生にも講師にも色々なことがありました。が。
受験生はむしろ年明けから本番なので、振り返るのはまたということで。
年末年始しっかりと休んで、年明けから心機一転がんばっていきましょう!






来年もブログでは、TOB塾の日常を沢山届けてゆきたいなと思います。
今年も一年、ありがとうございました!来年もよろしくお願いいたします。
ではでは!

富山スタディツアーへ!

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。
冷えが一段と厳しくなり、収穫が終わった畑にも霜が降りてきそうです。
しかしこの程度の寒さは今年もはや既に経験済。おそるるに足らず。

というのも、実は先月末、塾生と一緒に富山旅行へ行ってきたのです。
色々あったスタディツアー。今日はその様子をご報告したいと思います。





一日目 富山駅近郊編

到着初日。去年よりお世話になっている和紙職人の川原さんと対面。
富山駅周辺では川原さんの和紙が様々な建物の内装に利用されています。
今回は芸術作品として川原さんの和紙を展示している美術館に訪れました。


▲ 最近できたての美術館。かなり綺麗でオッシャレーな感じ。


▲ 美術館の屋上にはなんとデザイナー遊具だらけの公園も。

美術館のあとは、去年帰り際に立ち寄った富山名物の巨大スタバへ。
このスタバ、公園の中に設置された日本で初めてのスタバだそうです。


▲ 薄暮時。ここが富山と言われても信じがたい、セントラルパーク的景観。


▲ これまた豪華なイルミネーション。県民のデートスポットになってそうですね。

さて、この日の夕食はこれまた言わずと知れた名物(?)富山ブラック。
私は去年も食べたので免疫ができたと思いきや、相変わらずの衝撃でした。


▲ もとは肉体労働者のご飯がすすむようにと考案されたそう。米前提かい。

夕飯を食べた後は、ツアー中お世話になる宿舎の共同創造舎へ。
銭湯から帰ったあとは、みんなでワイワイマッタリして、この日は就寝。





二日目 立山・虫谷編

翌朝、宿舎で朝食をとったあとは立山の麓を巡る旅へと出発。
はじめに訪れたのは川原さんが作る和紙の原料になる楮(こうぞ)の畑。
畑とは言っても一から山道を踏みかため、木々を切り拓いて作った棚畑です。


▲ 畑の採光のため、木を何本か倒して薪用に切り分けて運び出します。


▲ 楮の収穫。この楮の皮を煮て繊維をつぶしたものが和紙の原料になります。

畑作業を終えた後は、立山の地獄伝説を伝える芦峅寺へと移動。
あの世とこの世を結ぶと言われる布橋や、閻魔堂などの伝承に触れます。
また、昼食に芦峅寺に伝わる精進料理をいただきました。山菜おいしい…。


▲ 昼食後は閻魔堂で自習タイム。私もノートPCを持ち込み資料作成…。


▲ 一際綺麗に染まった紅葉。苔蒸した灯篭とのコントラストが映える。

このほかにも面白コンビニ「立山サンダーバード」などにも立ち寄りました。
立山を満喫したあとは宿舎に戻って川原さんの工房で紙作りを体験します。
この日は新聞の取材の方も来ていたようで、大勢で川原さんの紙作りを見学。


▲ 川原さんに教わりながら、紙漉きにトライする塾生たち


▲ 人生初の紙漉き、私も去年やりましたが、見た目より意外と難しいんです。

作った紙は加圧して水分を抜くのに時間がかかるので、完成は翌日です。
工房を出たあとは、少し早めの銭湯を済ませて宿舎でバーベキュー!


▲ 実は富山旅行での私の最大の楽しみはこの時間だったり…。


▲ 川原さんをはじめ虫谷の方々も混ざって談笑しております。無礼講。

富山の夜は、年齢も立場も関係あるようでないような、不思議で楽しい空間。
塾生たちもそれぞれになにか思うところがあったのではないでしょうか。
最後の夜も更け、就寝の時間。いよいよ次は最終日です。





三日目 紙作り・お別れ編

とうとう最終日。朝食後は紙作りの仕上げのため工房へ向かいます。
道中、川原さんの自宅兼ギャラリーへお邪魔して飾られた色んな作品を拝見。


▲ ギャラリーの様子。陶芸家の奥様が作った器も展示されています。


▲ 極薄の和紙。後日談ですが、なんとこの作品で世界を獲ったとか…。【※詳細

工房へ移動したあとは昨日から水分を抜いておいた紙を乾かす作業です。
半渇きで重なった和紙を一枚一枚丁寧にめくり、温めた鉄板で乾かします。


▲ ほんの不注意で破れそうな和紙。極薄和紙を作る技術のすごさが解ります。


▲ 乾かし終えた世界にひとつのマイ和紙!達成感もひとしおです。

それぞれ作った和紙を持って身支度をして富山駅へ。名残惜しいのも旅の醍醐味。
駅で三日間お世話になった川原さんにお礼をし、塾生たちと帰路へつくのでした。





今年も色々とボリュームいっぱい、慌ただしく過ぎていった三日間でした。
塾生四名、大学生スタッフ二名、大人二名で参加した今回の富山スタディツアー。
それぞれ旅を通じて何かに気付いたり、何かを見つけたりできたのでしょうか。
例え今うまく言えない思いがあっても、いつか言葉にして思い返せる日がくるはずです。

最後に。去年に引き続き多大なご協力を頂いた川原製作所さま、ならびに富山の皆さまへ。
今年も塾生たちとともに素敵な旅行を体験できたこと、心より感謝します。
塾生たちも私たちも、この旅での経験を胸に前進し続けていきたいと思います。

本当にありがとうございました!それではまた!

メールや電話、対面での相談も無料です。いつでもお問い合わせください!0798-56-7139 / 受付時間 受付時間 10:00~21:00(土~17:00)