HOME > TOBLOG

TOBLOG

高認直前、こんなことしてました

こんにちは!安部です。
毎日暑い日が続いていますね。つい先日は、授業前あまりに暑くて、塾生と講師で一緒にアイスをほおばって英気を養っている姿も見られました。暑いとやる気も削がれてしまいますもんね。

ところで今週は高卒認定試験があり、TOB塾からも9名ほどが受験をしました。
事前に意気込みを聞いてみると、
「緊張はしてない」
「まだあんまり実感がない」
「ある程度準備はできたかな」
など塾生によってさまざまな声が。

高認直前には、インターネット授業で過去問演習を行ったり、授業後も残ってよく出るキーワードをスタッフと一緒に確認したりして対策を行っている塾生もいました。また、このような試験を受けるのが初めての塾生は、持ち物や服装、何分前に家を出るかなど、講師と作戦会議をして、当日少しでも安心して受験できるよう準備をしました。

受験を終えた感想はそれぞれあると思いますが、気持ちを切り替えて夏休みをゆっくり楽しんでもらえたら、と思います!
夏休み明けにはお土産がたくさん届きそうな予感がするので、次回はその様子をお伝えすることになるのでは。それではまた次回の記事で!


「ニガテ」を大事に、よーく見つめる

こんにちは!安部です。
さて、このあいだ授業中に塾生と、人前に立って話をするのが苦手だー!という話になりました。そこで、なんでそう思うの?どうしたら得意になれる?というかそもそも得意になる必要ってある?というところを一緒に考えてみました。

なんで人前で話すのは難しいんだろう?
実は私も人前で話すのは苦手なので、お互いになぜ苦手意識を持っているかを出し合ってみました。そこで挙がったのが、下のような理由。
・自信がない
・慣れていない
・たくさんの人を見るとそれだけで緊張する

出しあってみると意外と似たものもあり、だよねー!と共感し合う結果に。

それぞれ対策を考えてみる
今度はその理由について、対応策はあるのか?を一緒に考えてみました。
・自信がない→自信をもって話せる内容ならば話せるかもしれない
・慣れていない→電話などそこまで緊張しないもので場数を踏んでみるのもあり
・たくさんの人を見るとそれだけで緊張する→話しているのを動画にとって流すなら緊張しないかも

一緒に話し合っていると、それなら出来る、それはハードルが高いかも、などとお互いに許容範囲が明らかになってきました。また同じ苦手意識なのに、私は知らない人の前ならOKだけど、塾生は知らない人でも緊張する、など、違いがあることも判明。

さてどうしよう?
さて、対策案が出てきたところで、それを試してみるかどうか。そもそも“ニガテ”と思うことは全て努力して克服すべき、というわけでもなく、そのままでいいものもある気がします。
この問題を考えるときに、本人の捉え方を大事にしてみる、という方法があると思います。塾生が「コンプレックスだから改善したい」と感じていれば全力でサポートしますし、塾生が「ニガテはニガテのままでも大丈夫」と感じていれば、それを踏まえた将来を一緒に考える、というやり方です。
今回の塾生も、人前で少しでも楽に話せるように努力する必要があるのか、進路やその先の職業選択も含め、一緒に考えていきたいと思っています。

人生、この”ニガテ”どうしたもんかなーとゆっくり考える時間もあってもいいですよね。塾生が考えているときに、隣で一緒に考えたり、愚痴を聞いたり、選択肢をいくつか出したり…そういうことができる存在でありたいと思います。

高認願書の入手方法4つ(令和元年第2回ver.)

こんにちは!毎日暑いですね!安部です。

さて、第1回の高卒認定試験まで10日ほどとなりましたが、実は第2回高卒認定試験の願書配布が始まっています!
まだまだだと思ってたら受付期間が終わっていた…なんて声も聞きますので、早めに願書を手に入れることをオススメします。
(塾生のみなさんには第1回終了後に配布しますのでご安心ください)

願書ってどうやってもらうの?という方向けにご説明を。
※令和元年第2回の説明ですので、令和2年以降に受験の方は最新情報をお調べください。

①直接受け取りに行く
直接受け取りに行くと送料などがかからないので、近くに配布場所がある方は、直接受け取るのがオススメ。
下のリンクから各地域の配布場所が見られますので、チェックしてみてください。
令和元年第2回高卒認定試験の願書配布場所

②パソコンまたは携帯で
送料などがかかりますが、時間を気にせず手軽に頼めます。
くわしくは下のリンクから。
テレメール資料請求受付サイト

③電話で
こちらも送料などはかかります。
電話番号などくわしくはこちら。
令和元年第2回高卒程度認定試験受験案内

④TOB塾で
外部の方への配布もしていますので、受け取りに行けるよ、という方はぜひ。

それぞれの送料や受付期間などは、下のサイトでご確認ください。
令和元年第2回高卒程度認定試験受験案内


願書を手に入れたあとの手続きに関しては、こちらの動画を見てみてください!
高認願書の手続き(new-lookちゃんねる)

お出かけイベント~PFLJさん見学~

こんにちは!安部です。
世間的には夏休みが近づいてきたようですね。TOB塾は、お盆以外は普段通り授業を行っています。

さて先日7/14に塾生向けイベントで、動物福祉団体NPO法人Pets For Life Japan(PFLJ)さんの見学にお邪魔しましたので、その様子をお届けします!


5名の塾生が参加してくれた今回のイベント。電車+徒歩での移動中は、担当講師と話したり、初対面の塾生同士で話がはずんだり。天気もそこまで悪くなく、のんびりお散歩気分で向かいました。


PFLJさんでは、まず活動内容や犬・ネコの豆知識、ペットを飼う上での心得などを教えていただきました。フンの片づけが必要だなんて知らなかった、死ぬところが見たくない。そんな理由でペットを捨ててしまう人がいる、というショッキングな話もあり、安易な気持ちで飼ってはいけないということを改めて感じました。


講義のあとは触れ合いタイム!訓練を受けた3匹のわんちゃん(Doctor Dogと言うそうです)と飼い主さんがボランティアで来てくださり、触れ合いながら犬のことやPFLJさんのことを教わりました。
とっても優しく落ち着いているわんちゃん達!自然と笑顔になり、普段あまり話さない世代の方との会話もスムーズになります。


PFLJさんにお礼を告げ、塾に帰ってきたあとはランチにピザを。育ち盛りの食欲には圧倒されました…!
ピザに集中する塾生もいれば、会話を楽しむ塾生も。どんなスタンスでの参加もOKなのがTOB塾のイベントです。

PFLJのスタッフさん・Doctor Dogのわんちゃん達・その飼い主さんなど、普段はあまり出会うことのない方々と交流することができたイベントになったのではないでしょうか?
塾生からは、
「ペットは飼っているけど、犬や猫について意外と知らなかったことがあった」
「(保健所や保護施設と聞いて思い浮かべる)イメージと違って、家みたいだった」
などの感想も出ていました。

ご協力くださったPFLJのみなさん、このような機会をくださり本当にありがとうございました。

新しい講師増えてます

こんにちは!安部です。
様々な変化がある春がおわり、色々な意味で落ち着いてくる梅雨過ぎ。塾生の様子を見ていても、通塾が習慣になった人もいれば、通塾のモチベーションがおちてきた人もいるよう。それぞれの塾生への対応を考えていると、じゃあ自分は春と比べてどうだろう?と考えさせられたりもします。

さてnew-lookでは、春に新規スタッフ向けの説明会を実施しました。今年はこの説明会で参加を決めてくれたスタッフのうち、現在3名が講師として活動しています。また説明会以降も、ネットなどで活動を知り連絡をくれる人もいて、新たな講師が増えてきています。

▲春のスタッフ向け説明会の様子

それぞれの講師の好きなこと、TOB塾で講師をしたいと思った理由などは、講師紹介のページで見られますので、ぜひ見てみてください。ゲーマー、読書家、スポーツ好き、高校中退、不登校経験などなど、本当に色んなバックグラウンドのスタッフがいます。“塾講師”と聞いてイメージするものとは少し違うかもしれませんが、それもTOB塾らしさなのでは?


▲クリック!

講師紹介は今後も更新していきますので、お楽しみにー!

覚え方は人それぞれ

こんにちは。安部です。

最近、受験や高認を控えた塾生から、英単語が覚えにくい…世界史の用語が覚えられない…なんて話が何度か出てきました。
暗記力は、勉強はもちろん、バイトでメニューや値段を覚えたりするときにも役立ちますよね。少し検索すると、この暗記法がベスト!みたいな方法もたくさん出回っています。でもそんな状況だからこそ、どの方法でやればいいの?と感じている塾生が多いような気がします。
そこで、暗記の仕方について少し考えてみました。



どんな方法がある?
まず暗記をするためにはどんな方法があるか。英単語を覚える場合を例に、思いつく方法を挙げてみました。
・読む
・書く
・見る
・聞く
・使う(例文をつくる)
・アプリ(クイズ形式)
書く聞くなどは、何回もするのか、1回だけじっくりするのかによっても違いますよね。

あなたは何派?
じゃあ実際どの方法で覚えていこうか、となると、「どれがおすすめですか?」という声が聞こえてきそうですが、本当に人それぞれです。
でも受験生だと端から全部試す時間はなかったりしますよね。そんなときは、「これだったらやってもいいかな」というものからやってみてもらうこともあります。
気がのらないことは長続きしないもの。気がのる方法で長く続けた方が効果が高いこともあるんです。

固定概念を捨てて
さっき少し触れましたが、書くという作業だって、絶対に何十回何百回としないといけないわけではありません。大きい字でノートいっぱいに英単語をひとつ書くだけでも、それで覚えられるなら何の問題もないはず。
学校で勉強していると、単語テストがあったり単語練習帳の提出があったりしますが、TOB塾ではそういったことは強制しませんので、ここで学んでいるメリットを生かして自分が1番だと思える方法を追求してもらえたら、と思っています。

暗記についてはnew-lookちゃんねるのこちらの動画でも紹介しています!
自分に合った暗記法を探そう
わたしのおすすめ英単語暗記法

6月のTOB塾

こんにちは。安部です。
もう2019年の上半期が終わろうとしているそうです。時が流れるのは速いですねー!

さて今回は、TOB塾の最近の様子をご報告します!

梅雨に入り、じめじめした気候ですね。
TOB塾では授業前に扇風機の前で涼んでいる塾生と講師の姿や、授業後に交流スペースで雨が弱くなるのを待つ塾生の姿も見られます。雨や暑さが意外な交流を生んでいるようですねー。
一方で、低気圧や急激な気温変化で体調を崩している塾生もいるようです。低気圧…なんともしがたい存在ですが、しのげる方法を見つけていきたいものです。


こちらは玄関に置いてあるイベントまでのカウントダウン。
いまは高卒認定試験までをカウントダウンしています。願書が届いた塾生もおり、もうすぐという感じがしてきましたね。
講師から直接声掛けするのもいいですが、授業前にこれを見て後〇日なのね、じゃあこういう感じで進めようかな、と塾生本人にも考えてもらえたらいいな、と思っています。


7月には、塾生参加型のイベントもひかえています。
TOB塾の塾生は、学校も年齢もバラバラでお互い面識がない人がほとんどですので、当日会った人同士、気が向けば話すかも、という自由なスタンスになるのでは?と思います。
こちらは実施後に、ブログに当日の様子をアップしますので、お楽しみにー!

平成31年度第1回親の会

先日6月15日土曜日に西宮市交流センターにて、塾生の保護者の方を対象に親の会を実施しました。当日は雨の中、多くの保護者の方にご参加いただきました。本当にありがとうございました。
その様子を少しだけご紹介します!

今回のテーマは、進路。ということで前半は、卒塾生の進路例をご紹介しました。
高校に行っていると「あの先輩〇〇大に行くんだってー」なんて話を聞いて、自分の進路を具体的にイメージしやすくなったりしますね。TOB塾はそのような機会が少ない塾生もいますので、今までの塾生はどんな経緯でどんな進路を選んでいったのか、可能なかぎり具体的にお話しさせていただきました。
最初はみなさん緊張気味の空気でしたが、リアルな進路選択の経緯を聞いて、なるほどーといった様子で頷いて下さる方もいらっしゃいました。今回は「そりゃあこの子だったら受かるだろうけど、うちの子の参考にはならないかな」ということのないよう、担当スタッフが進路例選びにも配慮しました。身近なこととして感じていただけたら幸いです。



後半はフリートーク。今回は塾生の年齢別で、中学生・高校生・受験生に分かれてお話ししていただきました。フリートークでは、ご家庭での様子や具体的な心配事などが出てくる中で、あるある!と共感し合ったり、こう対応してきたよ!という経験談を共有し合ったり。
フリートークは40分でしたが、終了後もお話しされている姿も見られました。保護者さんからは、普段似た状況にある者同士で話す機会がないけど、今日話してみてひとりじゃないと思えた、というお声もいただき、このような時間をつくってよかった!と感じました!

今回参加してくださった保護者のみなさま、お天気の悪いなか足を運んでくださり、本当にありがとうございました。
今後も親の会は定期的に実施していく予定ですので、また是非ご参加ください!

阪急うめだ本店で展示中!

こんにちは!スタッフの安部です。
雨の日が多くなり、少し気温も落ち着いて過ごしやすくなりましたね。TOB塾はこれから、保護者会・塾生のNPO法人訪問イベントなど、イベント盛りだくさんです。後日そちらの様子もアップしますので、ぜひお楽しみに!

ところで現在、阪急うめだ本店9階・12階で、new-lookの活動を紹介していただいています!私もさっそく見に行ってきました!


▲地域にチャリティー文化を、と活動されているHOサンタさんのチャリティーガイドに掲載していただきました

人通りの多い場所で、私が見ている間にも寄付をしてくださっている方がいらっしゃいました。ありがとうございます!

中退や不登校の方は学生と違って、ここに行けば会える、という場所がありませんから、こちらから会いに行くのがなかなか難しいという現実があります。ですので、このような展示を通してnew-lookの活動を知って下さる方がひとりでも増えたら嬉しいな、と思います。
6月末まで展示されていますので、阪急うめだ本店に行かれた際はぜひお立ち寄りください!

高認があるじゃん!に代表山口のインタビュー掲載

こんにちは!スタッフの安部です。
夏の高卒認定試験まであと2ヶ月ほどとなり、自習時間を増やしたり、今まで通り取り組んだり、生活や気持ちを改めて見つめたり、塾生がそれぞれのやり方でアプローチしている様子を見て、本当に進み方って人それぞれだなーと深く感じています。

さて、本屋さんの高認コーナーに必ずと言ってもいいくらい置いてある高卒認定試験ガイドブック「高認があるじゃん!」に、代表山口のインタビューが掲載されました!
それにしても、高認があるじゃん!っていい名前ですよね。みんなが、高認があるじゃん!という気持ちで選択肢として自然に考えるようになったら、色々変わりそうな気がします。


▲左は昨年度版。山口のインタビューは右の2019-2020年版に掲載されています。

今回は、TOB塾の取り組みのうちのひとつであるPACサポートについて取り上げていただきました。PACサポートでは、ひとり親家庭の親御さんを対象に、高卒認定取得やその後の進路のサポートを行っています。こちらのブログでも詳しく書いていますので、ぜひご覧ください。→子育て×高校中退という現実

「高認があるじゃん!」の2019-2020年版、書店で見つけた際は、ぜひお手に取ってみて下さいねー!



12345678

アーカイブ

メールや電話、対面での相談も無料です。いつでもお問い合わせください!0798-56-7139 / 受付時間 受付時間 10:00~21:00(土~17:00)