HOME > TOBLOG

TOBLOG

秋の野菜市を実施しました!

こんにちは、本格的に寒くなってきましたね。
街ではイルミネーションが輝き出しました。
塾生は寒さに負けず自習室に通って来てくれています。
 
さて、今回は11月25日に行った野菜販売会のご報告です。
塾生と一緒に育てた安納芋を、塾のみんなで販売しました。

▲ 新聞紙の仮包装でよく見えないのが残念ですが、安納芋でございます。

今回の販売会も、ご近所の方々を中心に沢山のご来店がありました。
中にはお向かいに住んでいるご夫婦と、小さな双子ちゃんの姿も。
実はこの双子ちゃん。塾の中でもファンが居たりします。
ある人はあまりにも双子ちゃんが好きすぎて一緒に写真を撮ったとか。


▲ 双子ちゃんを一目見ようと殺到する塾の人々
 
こうしたご近所との交流も、塾生やスタッフにとっては貴重な体験です。
また、今回はお子様連れのご来店も見こし、芋掘り体験をご用意しました。
こちらには3組のご家族がグループでお越しくださいました。
双子ちゃんの所のご夫婦が呼びかけてくださったそうです。ありがとうございます!


▲ のびのび芋掘り。中には虫を怖がる子も居ましたが、皆芋には興味津々の様子。

お子様も含め10人に届きそうな大所帯ですが、畑も広いので丁度良い感じ。
ゆとりを持ってマッタリと芋掘りを楽しんでいただけたようです。
ご家族や子どもたちの楽しそうな笑顔を見られて本当によかったです。
 
今回も沢山の方にお越しいただき本当にありがとうございました。
まだ芋の在庫は沢山ありますので、販売会も継続したいと思います。
ブログでもなるべく事前告知いたしますのでチェックしていただければ幸いです。

なお日程の都合で販売会に来れない、来れなかった方にも販売を行っています。
ご近所であればTOB塾への訪問購入、遠方であれば郵送購入などがご利用可能です。

先日は郵送での販売を1件承り、姫路まで5kgの出荷を完了しています。
ご賞味いただいたところ大変好評で、追加注文もご検討されているとのこと。
このおいしい芋、色んな人に味わっていただこうと、まだまだ販売中です!

また、遠方への郵送購入は送料の別途発生など注意点もございます。
販売についての詳細は、下記「販売会以外の販売について」をご覧ください。
それではまた!
 


販売会以外での販売について
 
TOB塾では日程の都合で販売会に参加できない方への販売も行っております。
以下の購入方法の中から、購入しやすい形式をご利用ください。
 

 
1.TOB塾での直売(一般の方はこちら)
TOB塾に電話などで事前にご連絡いただき、訪問購入していただく形式です。
お客様にご都合のよい日時に、スムーズに購入していただけます。
価格:200g(1~2人前)100円~ ※最小単位100g/50円~で増量可能。
 
2.スタッフを通じた受け渡し購入(関係者の方はこちら)
TOB塾または当該スタッフに電話などでご連絡いただき、予約する形式です。
予約したサツマイモは、当該スタッフを通して後日受け渡しいたします。
価格:200g(1~2人前)100円~ ※最小単位100g/50円~で増量可能。
 
3.郵送での購入(遠方・業者の方はこちら)
TOB塾に電話などでご連絡いただき、郵送で発注していただく形式です。
購入可能な規格が最低5kg/2500円~となるほか、送料が別途必要です。
送料の具体額はご住所と重量をもとに見積もり可能ですので、お気軽にご連絡ください。
価格:5kg(小さい段ボール1箱分)2500円~ ※最小単位100g/50円~で増量可能。
送料例:<兵庫県 5kg/約1200円、12kg/約1400円><富山県 5kg/約1200円>など。


※以上の販売は、在庫がなくなり次第終了とさせていただきます。
 

ご注文、その他購入方法などについてのお問合せ
※12月29日~1月3日の6日間は年末年始のため休塾いたします。

(※特定商取引法に関する表記)
販売者名 一般社団法人new-look[ニュールック]
代表者 山口 真史
住所 〒663-8032 兵庫県西宮市高木西町14-6
連絡先 0798-56-7139(平日10時~20時、土曜10時~18時、日曜定休)
URL http://new-look.jp
メールアドレス info@new-look.jp(24時間受付)
販売価格 本記事に記載している金額となります


富山スタディツアーへ!

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。
冷えが一段と厳しくなり、収穫が終わった畑にも霜が降りてきそうです。
しかしこの程度の寒さは今年もはや既に経験済。おそるるに足らず。

というのも、実は先月末、塾生と一緒に富山旅行へ行ってきたのです。
色々あったスタディツアー。今日はその様子をご報告したいと思います。





一日目 富山駅近郊編

到着初日。去年よりお世話になっている和紙職人の川原さんと対面。
富山駅周辺では川原さんの和紙が様々な建物の内装に利用されています。
今回は芸術作品として川原さんの和紙を展示している美術館に訪れました。


▲ 最近できたての美術館。かなり綺麗でオッシャレーな感じ。


▲ 美術館の屋上にはなんとデザイナー遊具だらけの公園も。

美術館のあとは、去年帰り際に立ち寄った富山名物の巨大スタバへ。
このスタバ、公園の中に設置された日本で初めてのスタバだそうです。


▲ 薄暮時。ここが富山と言われても信じがたい、セントラルパーク的景観。


▲ これまた豪華なイルミネーション。県民のデートスポットになってそうですね。

さて、この日の夕食はこれまた言わずと知れた名物(?)富山ブラック。
私は去年も食べたので免疫ができたと思いきや、相変わらずの衝撃でした。


▲ もとは肉体労働者のご飯がすすむようにと考案されたそう。米前提かい。

夕飯を食べた後は、ツアー中お世話になる宿舎の共同創造舎へ。
銭湯から帰ったあとは、みんなでワイワイマッタリして、この日は就寝。





二日目 立山・虫谷編

翌朝、宿舎で朝食をとったあとは立山の麓を巡る旅へと出発。
はじめに訪れたのは川原さんが作る和紙の原料になる楮(こうぞ)の畑。
畑とは言っても一から山道を踏みかため、木々を切り拓いて作った棚畑です。


▲ 畑の採光のため、木を何本か倒して薪用に切り分けて運び出します。


▲ 楮の収穫。この楮の皮を煮て繊維をつぶしたものが和紙の原料になります。

畑作業を終えた後は、立山の地獄伝説を伝える芦峅寺へと移動。
あの世とこの世を結ぶと言われる布橋や、閻魔堂などの伝承に触れます。
また、昼食に芦峅寺に伝わる精進料理をいただきました。山菜おいしい…。


▲ 昼食後は閻魔堂で自習タイム。私もノートPCを持ち込み資料作成…。


▲ 一際綺麗に染まった紅葉。苔蒸した灯篭とのコントラストが映える。

このほかにも面白コンビニ「立山サンダーバード」などにも立ち寄りました。
立山を満喫したあとは宿舎に戻って川原さんの工房で紙作りを体験します。
この日は新聞の取材の方も来ていたようで、大勢で川原さんの紙作りを見学。


▲ 川原さんに教わりながら、紙漉きにトライする塾生たち


▲ 人生初の紙漉き、私も去年やりましたが、見た目より意外と難しいんです。

作った紙は加圧して水分を抜くのに時間がかかるので、完成は翌日です。
工房を出たあとは、少し早めの銭湯を済ませて宿舎でバーベキュー!


▲ 実は富山旅行での私の最大の楽しみはこの時間だったり…。


▲ 川原さんをはじめ虫谷の方々も混ざって談笑しております。無礼講。

富山の夜は、年齢も立場も関係あるようでないような、不思議で楽しい空間。
塾生たちもそれぞれになにか思うところがあったのではないでしょうか。
最後の夜も更け、就寝の時間。いよいよ次は最終日です。





三日目 紙作り・お別れ編

とうとう最終日。朝食後は紙作りの仕上げのため工房へ向かいます。
道中、川原さんの自宅兼ギャラリーへお邪魔して飾られた色んな作品を拝見。


▲ ギャラリーの様子。陶芸家の奥様が作った器も展示されています。


▲ 極薄の和紙。後日談ですが、なんとこの作品で世界を獲ったとか…。【※詳細

工房へ移動したあとは昨日から水分を抜いておいた紙を乾かす作業です。
半渇きで重なった和紙を一枚一枚丁寧にめくり、温めた鉄板で乾かします。


▲ ほんの不注意で破れそうな和紙。極薄和紙を作る技術のすごさが解ります。


▲ 乾かし終えた世界にひとつのマイ和紙!達成感もひとしおです。

それぞれ作った和紙を持って身支度をして富山駅へ。名残惜しいのも旅の醍醐味。
駅で三日間お世話になった川原さんにお礼をし、塾生たちと帰路へつくのでした。





今年も色々とボリュームいっぱい、慌ただしく過ぎていった三日間でした。
塾生四名、大学生スタッフ二名、大人二名で参加した今回の富山スタディツアー。
それぞれ旅を通じて何かに気付いたり、何かを見つけたりできたのでしょうか。
例え今うまく言えない思いがあっても、いつか言葉にして思い返せる日がくるはずです。

最後に。去年に引き続き多大なご協力を頂いた川原製作所さま、ならびに富山の皆さまへ。
今年も塾生たちとともに素敵な旅行を体験できたこと、心より感謝します。
塾生たちも私たちも、この旅での経験を胸に前進し続けていきたいと思います。

本当にありがとうございました!それではまた!

TOB塾 秋の芋祭り

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。
先週、2泊3日で富山スタディツアー(修学旅行)に行って参りました。
興奮冷めやらぬうちにその様子もお伝えしたいのですが…今回は別件です。

なぜか。
 
そう、前回の記事をご覧の方は覚えていらっしゃるはず。芋掘りの話を。
先週告知した11月25日の野菜販売会ですが、なんと無料芋掘り体験もできます。
そこで芋掘りが気になる方のために、実際の様子を前もってお伝えしたい。
そんな思いから、19日に塾行事として芋掘りを先行実施いたしました。
 
ペンは剣よりも強しと言いますが、あんなものは文屋の言葉。
私のような素人が言葉で説明するより、写真を見せる方が間違いありません。
というわけで、すっごくわかりやすい芋掘り写真集をご用意しました。
どうかこれをご覧になって、芋掘りへの欲求を高めてくださいますよう…!






9枚の画像からわかる 芋掘りのすべて



1.つるを切り、土を起こす
▲ 汚れてもいい靴をはくことにより、大変アグレッシブな気持ちになります


 
2.スコップや手で株下を掘り、芋を見つける

▲ 干してない芋の皮は摩擦に弱いので、やさしーくタッチします



3.株下の芋を、まんべんなく露出させる


▲ このとき、株を引きぬきたい欲求がピークに達します



4.ぬく


▲ これが…


▲ ワイらの…


▲ 芋掘りやー…!



5.調理する


▲ 今回は炊飯器で蒸かしていただきました



6.食す

▲ うまい?


▲ うまいー!





 
さて、TOB塾の芋掘りレポート、いかがでしたでしょうか。
何歳になっても、楽しいものは楽しく、うまいものはうまい。
芋掘りは我々を、そんな清々しい気持ちにさせてくれるんですね。

いやぁ…芋掘りって、本当に楽しいもんですねえ…。
それではまた、11月25日の販売会でご一緒に楽しみましょう!

サツマイモが大豊作!販売会も!

こんにちわ。学生スタッフの益永です。
冬が近づくにつれ、寒さも厳しさを増す今日この頃。
風邪など健康面には気をつけて、よい年末を迎えたいものです。
 
さて、今回は畑からのお知らせです。
夏の植え付け以来、塾生と一緒に世話をしてきたサツマイモですが…
ついに収穫の時期を迎えました!しかもなかなかの豊作!



品種は、粘りと甘みが強く、焼き芋やスイーツに適した安納芋です。
そして毎度恒例ですが、今月末に地域の皆さまへ向け販売会を実施いたします。
今回の販売会。実は芋の購入のほか、無料収穫体験もご用意しました!
親子で、ご夫婦で、友達同士で。童心にかえって楽しんでいただければ幸いです。
 
販売会の予定は以下の通りです。

「TOB塾 秋の野菜市!」
 
日時:11月25日(土)15時~
場所:TOB塾 駐車場前
住所:〒663-8032 兵庫県西宮市高木西町14-6
地図:
https://goo.gl/maps/UZYeAGh1biF2
おしながき:
安納芋(200g)
大1本、または小・中2~3本程度
価格:100円
安納芋(1kg)
大5本、または小・中10~15本程度
価格:500円
無料芋掘り体験:※雨天の場合、中止します
購入する芋を自分で掘りたい方へ、無料の芋掘り体験を提供!
掘り方から土落としまで、担当スタッフが丁寧にレクチャーします。
小さなお子様連れのお客様にも安心して楽しんでいただける行事です。
一年のうち一度しかないこの機会、是非体験してみてください!
※ 芋掘り体験を希望される方は、土がついてもよい靴でお越しください。
また、11月19日には塾内行事として芋掘り大会を実施いたします。
行事の様子は、翌日ブログで公開予定ですので、販売会前に是非ご覧ください!
 
トロトロ甘い安納芋、昔懐かしい芋掘り…、全身で秋を感じるこの行事。
是非とも色んな方に体験していただきたいと思っております。
美味しいお芋と共にお待ちしていますので、お気軽にご参加ください!
 


販売会以外での販売について
 
日程の都合で販売会に参加できない方へは別途販売を行っております。
以下の購入方法の中から、購入しやすい形式をご利用ください。
 

 
1.TOB塾での直売(一般の方はこちら)
TOB塾に電話などでご連絡いただき、訪問して購入していただく形式です。
お客様にご都合のよい日時に、スムーズに購入していただけます。
200g/100円・1kg/500円~
 
2.スタッフを通じた受け渡し購入(関係者の方はこちら)
TOB塾または当該スタッフに電話などでご連絡いただき、予約する形式です。
予約したサツマイモは、当該スタッフを通して後日受け渡しいたします。
200g/100円・1kg/500円~
 
3.郵送での購入(遠方・業者の方はこちら)
TOB塾に電話などでご連絡いただき、郵送で発注していただく形式です。
ただし購入可能な規格は5kg/2500円(送料別)となりますのでご了承ください。

※以上の販売は、在庫がなくなり次第終了とさせていただきます。
 

ご注文、その他購入方法などについてのお問合せ
※11月16日~18日の3日間は富山スタディツアー実施のため休塾いたします。

(※特定商取引法に関する表記)
販売者名 一般社団法人new-look[ニュールック]
代表者 山口 真史
住所 〒663-8032 兵庫県西宮市高木西町14-6
連絡先 0798-56-7139(平日10時~20時、土曜10時~18時、日曜定休)
URL http://new-look.jp
メールアドレス info@new-look.jp(24時間受付)
販売価格 本記事に記載している金額となります
 

年次報告書が完成しました!

こんにちは。学生ライターの足立です。
連日の秋雨も少し和らぎ、台風も過ぎて寒さが増してきました。
もうそろそろ、冬が来るのかと少し切ない秋ですね。
 
今年も残すところあと二ヶ月。1年というのは早いものです…。
さて、この度はそんな1年の活動が詰まった年次報告書が完成しました!


 
2016年度の活動や事業の紹介など、盛り沢山の内容でお送りするこの年次報告書。
お世話になった方々にはこれから随時、メール・郵送などでお届けいたします!
 
また、郵送やメールでのお届けには、漏れや遅れが生じることもございます。
確実に見たい!という方は、お手数ですがお問い合わせフォームからご連絡ください。
その際は優先して逐次対応・発送させていただきます。

 



これから始まる新事業!
 
そしてこれは年次報告書の中にも少しだけ掲載したフライング情報なのですが…。
現在、2017年度から2018年度へ向けて始動する新規事業の準備を進めています。
 
その名も…TOBIT(トビット)!
 
今までは高認や大学入試へ向けた勉強など、学習支援に偏っていたTOB塾。
就労意欲が高く、学習意欲の低い人に対する有効なアプローチが不足していました。
実はTOBITは、そうした人にこそ利用してほしい、学歴不問の就職・就労支援です。
 
夜回りでたびたび耳にする「仕事はやる気あるけど勉強はちょっと…」という声。
また、塾生の口からもチラホラと聞こえてくる就労への興味、意欲。
そうした声に応えられるサービスを、いつかTOB塾ならではのスタンスで創りたい!
 
かねてより胸中にあったそんな願いが、今ようやく実現に向けて動き出しました。

 



TOB塾の今後をお楽しみに!
 
他にもTOB塾がよりよい場所となるための取り組みが着々と進んでいます。
高卒認定に効率よく合格するための対策テキストも、プロトタイプが一部完成しました。
過去問の分析、加点範囲の抽出、レイアウトや編集、挿入するイラストの作成…。
色んなスタッフたちが自分の強みを活かすことで組み上げていくこのテキスト。
市販テキストを上回るクオリティを目指して、これから最終調整を続けていきます。
 
このようにTOB塾では、授業を含め様々な範囲で、学生・社会人が活躍しています。
今回の年次報告書も、印刷以外は外注一切なし。スタッフたちの協働で作成されました。
色んな人に支えられて進んできた過去、そして未来。その両方が詰まった年次報告書。
是非お手元にお取り寄せいただき、一読していただければ幸いです!
 
まだまだ変化を続ける私たちの活動、どうぞこれからもよろしくお願いいたします!
ではでは!

TOB塾の秋!読書の秋!

こんにちは、学生ライターの益永です。
今回は読書の秋!ということで、かなり唐突ですが書籍を紹介します。
個人的に塾生にも読んでほしい3冊。興味と時間があれば是非どうぞ!

 


おすすめ書籍その1 ─ 「失はれる物語」 乙一 著
 
目覚めると、すべての感覚がなくなっていた ───
 
いつもと変わらない通勤の道中、居眠り運転のトラックに衝突された男。
目覚めたとき、男の身体からは右腕の皮膚感覚を除いてすべての感覚が失われていた。
 
ピアノに長けた妻は、やがて見舞いのたび男の腕を鍵盤に見立て演奏するようになる。
音楽に疎かった夫だが、妻の指の動きから感情のわずかな機微さえ感じとりはじめた。
演奏を通して伝わる妻の苦しみ、身体の不自由な自分が、妻の自由を奪うことへの自責。
そうしてある日、男は、自分が妻にできるたった一つのことを思いつくのだが…
 
ある日突然、すべての感覚を奪われたら?
当たり前のことが、当たり前でなくなったとき、人は何を思い、どんな決断をするのか。
そんな普段の生活では考えないようなことを、改めて考えるきっかけをくれる小説です。

 


 
おすすめ書籍その2 ─ 「真夜中のパン屋さん」 大沼紀子 著
 
「パンはなあ、いつでも、誰にでも平等に美味しい食べ物なんやで」
 
放任主義の母に育てられ、高校生にしてまたもや住むところをなくした希美。
そんな折に、深夜だけに営業する珍しいパン屋に居候することになった。
 
営業時間が特殊なパン屋ゆえに、買いに来るお客さんも変わった人ばかり。
引きこもりの脚本家に、虐待疑惑がある小学生…
希美はパン屋の仕事を手伝うなかで、様々な事情を抱えた人々と出会う。
心を閉ざしていた希美も、人々との関わりの中で少しずつ笑顔を取り戻していく。
 
帰る家はあっても、どこかやり場のないストレスに誰もが悩まされる十代の季節。
そんな年頃の苦しさをそっとすくって「わかるよ」といってくれるようなお話です。

 


 
おすすめ書籍その3 ─ 「君が笑えば」 小手鞠るい 著
 
気づいたら、ここにいた ───
 
ジャズピアニストの少女と、世界中を飛び回るカメラマンの青年。
かつて恋に落ちた二人が、様々な人や場所、偶然を重ねて再会する物語。
 
まだ幼い頃の少女が、旅立つ彼を追ってコスタリカへ渡航する場面の描写は秀逸の一言。
故郷しか知らない少女が、恋の力に突き動かされ、たった一人カリブ海を渡る躍動感。
まるでページごしに目を刺してくるような、光り輝くコスタリカの空と海との青さ。
 
「エネルギーさえあれば人はどこへでも行ける」
 
幼い瞳を輝かせてカリブ海を望む少女の姿は、読む人をそんな気にさせてくれます。
胸の奥にある海外への強い憧れ、広い世界への好奇心をくすぐられるお話です。
 
また、主題はロマンスですが、周囲の魅力的な登場人物も見どころのひとつです。

 


 
以上、学生ライター益永おすすめの書籍3冊の紹介でした!
少しずつ秋の深まりを感じる今日この頃。冬まではまだまだ時間がたくさんあります。
生活のなかで本に触れられるお時間があればぜひ、読んでみてください!それでは!

Wゴールイン!合格速報!

こんにちわ。TOB塾スタッフの三上です。
10月に入り、朝晩は上着なしでは過ごせないほど冷えてきました。
 
さて。10月というとまだ本格的な受験シーズンではありません、が。
中にはこの時期にAO入試・公募制推薦などを利用する受験生もいます。
TOB塾でも、先月下旬に2人の塾生が芸大のAO入試を受験したのですが…。
 
なんと!めでたく2人揃って合格しました!おめでとうございます!

芸大といえば、昨年度も京都精華大のマンガ科へ進学した塾生が1人おりました。
なぜかは解りませんが、芸大進学とTOB塾はちょくちょく縁があるようです。
今年はWゴールインで2倍おめでたいので、並べて振り返ってみました。


▲クリックすると拡大できます

もともと高認に必要な受験科目数が少ないとはいえ、かなり効率的な進学例かと。
2人とも1科目あたりの勉強期間は1ヵ月。AO入試の準備期間は2ヵ月程度です。
こうして図表化すると、いかにもAOは「楽そう」ですが、実はそうでもありません。
この2人も試験直前までは緊張した様子で、講師と共に対策に奮闘していました。

AO試験に受かったことは幸運ですが、決してそれだけではありません。
学校を離れてから今まで、自分自身や社会とちゃんと向き合って生きてきた2人。
そんな2人だからこそ、試験官や担当教員に伝わる何かがあったのだと思います。
2人にはこの結果に自信を持ち、これからもマイペースに歩んでほしいと願っています。



では最後にもう一度あらためて。2人とも合格おめでとうございます!
人生これからなんで、まだまだ楽しんでいきましょう!ではでは!

通信制高校相談会に参加しました

こんにちは。学生ライターの足立です。
心地よい虫の音が聞こえ始める今日この頃ですが、皆さんいかがお過しでしょうか。
季節の変わり目なので体調には注意していきましょう!
 
さて、本日は講演の話題です。
今月2日、大阪ヒルトンプラザウエストオフィスタワー8階にて、通信制高校相談会が行われました。
TOB塾からは代表理事の山口がスピーカーとして登壇し、中退・不登校に関する講演を行いました。
 


通信制高校相談会とは──
株式会社朝日広告社様が主催する、不登校生・高校中退者および保護者の方を対象とした相談会。
通信制・単位制高校、高卒認定予備校などが集まり、進路に関する様々な情報を発信します。
教育・学校PR講演、個別相談や資料配布などを通じ、様々な進路を知ってもらうことが狙いです。

今回、代表理事の山口が登壇したのは、教育に関するテーマを考える教育講演会のパート。
「今を知って希望を見つける 〜高校を変えて見える世界〜」をテーマに、30分の講演を行いました。
高専中退など自身の人生経験も交え、学校中退や不登校という体験をどのように捉えればよいか。
また、その体験を糧に生きるための考え方、進路の選び方、陥りやすい悩みなどを紹介しました。


実はこの相談会をきっかけに入塾した塾生が、高認取得を目指して今月から通塾を開始しています。
色んな選択肢の中からTOB塾を選んでくれたこと、嬉しく感じると共に真摯に受け止めています。
他の塾生と同様、この塾生にもよりよい道を歩んでもらえるよう、全力でサポートしていく所存です!
 
講演の機会や、塾生と出会うきっかけを与えてくださった朝日広告社様には心より感謝いたします。
また、相談会にお越しくださった皆様、講演を聞いてくださった皆様も、ありがとうございました!
 
この相談会を通じて一人でも多くの当事者たちが、新しい一歩を踏み出せることを願っています。

はたけの模様替え!

こんにちは、学生ライターの益永です。
前回記事では「夏も終わったなぁ…」とセンチな感じを醸していたTOB塾一同。
しかし実はまだひとつ大仕事が残っていたのでした。そう、それは畑の大掃除。
 
シーズン中には毎日1回の収穫が可能という驚異の回転率を見せた夏野菜。
しかしもうシーズンも終了ということで、3畝分の撤収作業と全体の除草をすることに。

 
▲ ビフォーの状態がこちら。生え散らかっております。

 
することに。とは言っても何分面積が広く、いつも通りでは到底足りない人手…。
そこで大々的にお手伝いさんを募ってみた結果…なんと。15人を越える大所帯に!
内から外から、色んな方々に集まっていただけました!ありがとうございます!
 


 

撤去する夏野菜3畝、育成中のサツマイモ3畝、未使用3畝にチームで分かれて作業。
お手伝いさんのお子さんを見てほっこりしたり、見知らぬ同士での会話を楽しんだり。
始終大人数で手を動かしていた割には、あまりバタバタした感じもなく程よいペース。
晴天のスローな雰囲気の中、コツコツみんなで協働作業に集中できていました。
 
 
▲アフターの状態がこちら。ツルッツルになりました。
 

皆さんが着実に作業を進めてくださったおかげで、かなーり綺麗になりました!
いつもの人数では、とてもこうはいきません。本当にありがとうございます!
最後はみんなで集合写真をパシャリと。

 
 
▲今回お手伝いいただいた面々。うちの塾生もがんばってくれました!

 
さて、これからしばらくは畑の野菜販売がお休みに入り、手入れの時期に入ります。
上でも少し触れましたが、現在育成中のサツマイモは11月頃の収穫となる予定です。
また販売・行事などが決定いたしましたら、ブログにてご報告させていただきます!
それではまた!

過ぎ去りし夏の思い出

こんにちは、学生スタッフの益永です。
日に日に涼しくなってきた今日この頃、夏の名残も消え入りつつあります。
今年のTOB塾の夏も、振り返ってみるといろいろとありました。
 
「でも実はあまり夏っぽいことをやってないような…。」
 
と、8月末には夏の締めくくりとして、そうめんパーティや花火大会も開催しました。
当日は「こんなにたくさん人いたっけ…」というほど沢山のスタッフや塾生が集合。
初対面同士の人も多く、おしゃべりや調理を通して新鮮な時間を過ごせたようです。
 
 
そうめんパーティでは、スタッフと塾生で協力して調理を行います。
「麺もういいかな、」「いや、もうちょっとじゃない?」
バタバタと調理を終え、茹でたそうめんを皆で囲みます。賑やかな食卓!
 
そうめんパーティの後は、皆で近所の公園へ移動して花火大会をしました。
たくさんの先客が、それぞれに花火の光や煙と共に見えてきます。夏っぽい…。


 
花火が始まると、皆次々と火をつけては、はしゃいだりおしゃべりしたり。
火種を花火ごしにリレーしていくというお約束の光景もちらほらと。青春っぽい…。
1時間ほど花火を満喫したのち、締めの線香花火も終えて記念撮影後に解散。
8月末と相当な滑り込みでしたが、めでたく夏の思い出を作ることができました!


 
さて、秋になっても第2回高認・大学の推薦入試、一般試験とやる事は山盛りです。
人それぞれ色んな試練の待つ秋ですが、共にゆっくり進んでいきたいと思います。
ブログをご覧の皆様にも、温かな目で見守っていただければ幸いです。それでは。

123

アーカイブ

メールや電話、対面での相談も無料です。いつでもお問い合わせください!0798-56-7139 / 受付時間 受付時間 10:00~21:00(土~17:00)