HOME > TOBLOG > アーカイブ > ご報告: 2017年6月

TOBLOG ご報告: 2017年6月

暖かいご寄付をいただきました!

こんにちは、学生ライターの益永です。
前々回のエントリー「子育て × 高校中退 という現実」で行ったご寄付の募集。
ありがたいことに、早速ご協力くださる方が現れました!
本日は感謝の念を込め、届いたご寄付と近況についてご報告いたします。





突然の贈り物、その中身は…
 
先日、TOB塾に2つの大きなダンボール箱が届きました。
開けてみると、その中にはなんと───

 
▲大量のおもちゃ!絵本!おもちゃ!絵本…! 

 
育児と勉強の両立を応援するPACサポート(子連れ通塾サービス)。
お母さんの授業中、お子様が楽しく過ごすための絵本やおもちゃは不足していました。
そんな状況でこのようなご寄付があり…感動のあまり開梱後、綺麗に並べて写真をパシャリ。
今回頂いた絵本とおもちゃ。存分に活用させていただきます。ありがとうございます!

 



最近のPACサポートの様子
 
PACはお母さんに勉強を教える「講師スタッフ」とお子様を預かる「保育スタッフ」との2名体制。
去年秋の入塾からずっと、講師スタッフ・保育スタッフともに同じ人員で実施してきました。
 
実はこの保育スタッフ、普段はTOB塾で高認科目など教えているので、講師もできます。
今まではお子様の安心を優先して固定制でしたが、お子様にとって色んな人に触れる機会も大切。
そんなわけで、次回の授業で講師担当と保育担当を一度入れ替えてみることになっていたのです。
 
お母さんが勉強を教わるスタッフと、お子様が一緒に遊ぶスタッフが日頃と逆になるこの試み。
親子とスタッフ双方にとってよい刺激を、とのねらいでしたが、やはり当日まで不安はあります。
そんなタイミングで塾に届いたのが、先ほど紹介した絵本とおもちゃ。

これを活かさない手はない!

 



未知との遭遇?



安全チェックなどの準備も済ませ、心強い新アイテムとともに迎えた担当交代当日──。

いつもと同じの部屋だけれど、なにかが、ちがう。
スタッフが取り出した新しいおもちゃを眺めるお子様のYちゃん。目が、釘付け。
それを見てお母さんも「Yちゃんよかったねぇ~」と声をかけます。
大人の不安とは裏腹に、興味津々な様子で新しいおもちゃを触りはじめるYちゃん。
どうやらご機嫌な模様。内心「よかったぁ~」と笑みがこぼれるスタッフ陣。
 
授業中も講師・保育それぞれにトラブルなく、スムーズに時間が進んでいきます。
Yちゃんは遊びを通じて初めてのスタッフにも慣れ、散歩に出かけることもできました。
おかげでお母さんも授業によく集中でき、一日でうんと勉強範囲を進めることができました。
 
こんな調子で、新しい絵本やおもちゃのパワーもあり、スタッフ交代の試みは大成功!
ご寄付くださった方、本当にありがとうございました!
いただいた絵本とおもちゃは、これからも大切に使わせていただきます。
 


 


PACサポートの存続には、皆様の力が必要です!
 
TOB塾・PACサポートでは、引き続き皆様の温かいご支援を募集しています。

PACサポートは保育と学習を同時提供するため、運営コストが通常の倍かかります。
しかしながらシングルマザーなど経済的困難を抱える方を対象としたサービスのため、
利用料も通常より低く設定しており、運営負担が大きくなってしまうのが実情です。

社会から孤立したシングルマザーが、明るい未来に向かって歩んでいけるように。

温かな絆のある家庭を築いていけるように。皆様のお力が必要です。
以下の内容でご支援またはご協力いただける方は是非ご一報ください。

●資金の援助
 ご協力いただける方は【こちらをクリックして詳細ページをご覧ください。
 ・マンスリーサポート(月々1000円~の継続寄付)
 ・自由額でのサポート(クレジットカード・振込にも対応)
 ・他の受け渡し方法についても直接お問合せください


●PACサポート
 ・小さな子ども向けの絵本・おもちゃなどの寄付
 ・宣伝など広報活動をお手伝いいだだけるボランティアの方

●TOB塾
 ・週1~2コマで塾生の授業を担当できるボランティアの方
 (内容:高卒認定試験~センター試験・難関私立大レベル)
 ・塾生のための教材作成にご協力いただけるボランティアの方
 (内容:高卒認定試験~センター試験・難関私立大レベル
 
【連絡先】
 TOB塾 〒663-8032 兵庫県西宮市高木西町14-6
 Tel/Fax 0798-56-7139(またはホームページ問い合わせフォームまで)
 

 




【告知】シンポジウムの開催および登壇について



このたび、TOB塾とも親交のあるシングルマザーの支援団体「NPO法人しんぐるまざぁず・フォーラム・関西」様が主催するシンポジウムが、6月25日、大阪府豊中市で開催されます。
そのシンポジウムに出演するゲストスピーカーとして、TOB塾代表 山口真史が登壇することとなりました。
TOB塾(PACサポート)を通じたシングルマザーとの関わり事例の紹介、事例を踏まえたシングルマザーに関する問題提起などを展開していきます。
ご興味がおありの方、PACサポートを応援してくださる方は是非この機会に当シンポジウムへご参加ください!

 


NPO法人しんぐるまざあず・フォーラム・関西
設立12周年記念シンポジウム

シングルマザーの自立支援に向けてできること
ー 就労支援の現場に学ぶ ー

日時:6月25日(日)13時半〜16時

場所:とよなか男女共同参画センターすてっぷ
   阪急宝塚線豊中駅下車1分 エトレ豊中 5階

内容:Ⅰ.問題提起
     
    <出演>
    一般社団法人new-look代表
    山口 真史
     
    豊中市市民協働部くらし支援課 若者・就労支援担当主幹
    濱政 宏司
   
   Ⅱ.グループワーク、参加者との意見交流

参加費:会員 300円、非会員 500円

託児所:前日までの申込制。ひとり 300円(会員無料)

問合せ:NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ・関西
    TEL/FAX 06-6147-9771
    E-mail: smfkansai@orange.zero.jp
 



1

メインページ | アーカイブ | ご報告: 2017年8月 »

メールや電話、対面での相談も無料です。いつでもお問い合わせください!0798-56-7139 / 受付時間 受付時間 10:00~21:00(土~17:00)